on-the-time.jp

2017年07月21日

アリババのマー君!アフリカ訪問、起業ファンド創設。

経済未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年07月25日に、浙江省に本拠を置く電子商取引(EC)中国最大手の阿里巴巴(アリババ/Alibaba)集団の創業者で、英語の先生だった馬雲(Jack Ma/ジャック・マー)会長は、訪問先のルワンダで、アフリカの青年による起業を支援する投資ファンドを創設すると表明したと、中国の新聞「チャイナ・デーリー(China Daily)」などが伝えたと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

ジャック・マー会長のアフリカ訪問は初めてで、ファンドはジャック・マー会長が個人の資金を拠出した「馬雲公益基金会(ジャック・マー・ファウンデーション/Jack Ma Foundation)」が創設するもので、US$1,000万(約11億円)規模となる。

ジャック・マー会長は現地でのアフリカ青年サミットに出席後、記者団に対し、「今回のアフリカ訪問で、多くの起業家が良いアイデアを持っているのを目にした。」と述べた上で、「アフリカに対する信頼を示したい。ファンド創設を通じ、アフリカの若者が夢や理念をかなえるのを助けたい」と強調した。

これに先立ち、ジャック・マー会長は20日にはケニアのナイロビ大学を訪れ、アフリカの青年企業家500人との交流会を開いた。

私は、中国の時代は終わり、今インドだが、次はイランで、さらにアフリカが続くと信じている。

ただし、イランが方針を間違えないことが前提である。
また、アフリカには疑念がない。

本当は、中南米をどこかに入れたいが、入れる余裕がない。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。