2017年07月21日

アリババのマー君!アフリカ訪問、起業ファンド創設。

経済未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年07月25日に、浙江省に本拠を置く電子商取引(EC)中国最大手の阿里巴巴集団(アリババ)の創業者で、英語の先生だった馬雲(Jack Ma/ジャック・マー)会長は、訪問先のルワンダで、アフリカの青年による起業を支援する投資ファンドを創設すると表明したと、中国の新聞「チャイナ・デーリー(China Daily)」などが伝えたと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ジャック・マー会長のアフリカ訪問は初めてで、ファンドはジャック・マー会長が個人の資金を拠出した「馬雲公益基金会(ジャック・マー・ファウンデーション/Jack Ma Foundation))」が創設するもので、US$1,000万(約11億円)規模となる。

ジャック・マー会長は現地でのアフリカ青年サミットに出席後、記者団に対し、「今回のアフリカ訪問で、多くの起業家が良いアイデアを持っているのを目にした。」と述べた上で、「アフリカに対する信頼を示したい。ファンド創設を通じ、アフリカの若者が夢や理念をかなえるのを助けたい」と強調した。

これに先立ち、ジャック・マー会長は20日にはケニアのナイロビ大学を訪れ、アフリカの青年企業家500人との交流会を開いた。

私は、中国の時代は終わり、今インドだが、次はイランで、さらにアフリカが続くと信じている。

ただし、イランが方針を間違えないことが前提である。
また、アフリカには疑念がない。

本当は、中南米をどこかに入れたいが、入れる余裕がない。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。