2017年07月21日

インド、列車の屋根に太陽光パネル設置!

未来

AFPは、インドは二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向け、列車の屋根に太陽光パネルの設置を開始した。

イギリス植民地時代に整備された鉄道網を近代化する狙いもある。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

これまで車内の照明や扇風機、案内表示の電力源はディーゼルだったが、今後は太陽光がその電力を賄うことになる。

太陽光パネルが設置された列車は首都ニューデリー(New Delhi)周辺の路線から導入され始めている。
インドでは1日あたり2300万人が鉄道を利用している。

インド鉄道(Indian Railways)の広報を担当するアニル・クマール・サクセナ(Anil Kumar Saxena)は2017年07月19日に、AFPに対し「今後半年の間に太陽光を利用する列車を少なくともあと4編成導入する」と述べた。

こうした自然エネルギーを利用した列車を導入することで節約できるディーゼル燃料は、1列車あたり年間約2万1000リットルに上ると見込まれている。インドは化石燃料への依存度が高く、大量のCO2を排出しているが、太陽光パネルの設置でこうした状況が改善されることが期待されていると報告した。

これを利用して、車内インターネット接続を可能にすると、走るインターネット・カフェになり、ビジネスの発展にも貢献できる。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。