gaYa広告

2017年07月20日

フィリピンで、ジプニー5千台の電動化。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年07月20日に、フィリピン政府が推進するフィリピン式乗り合いバスジプニー(Jeepney)の電動化事業について、フィリピンとスペインの実業家が運営する出資会社QEV Capital Pte. Ltd.と技術会社QEV Technologiesによるローカル・ユニットのQEVフィリピン(QEV Pilipinas)は、既存の約5万台を電動ジプニー(eジプニー/eJeepney)に置き換える計画を政府に提案したと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

2017年07月19日付マラヤ(Malaya)などによると、QEVは地場のジプニー製造業者と提携し、ディーゼル・エンジンを搭載する既存のジプニー約5万台を電動化する計画で、同社は新たにeジプニーを購入するよりも改造する方が経済的と指摘した上で、運営コストなども抑えることが可能になる、とメリットを強調した。

QEVはフィリピンとスペインの実業家が設立した合弁企業。海運大手企業の社長を務めたエンディカ・アボイティス(Endika Aboitiz)などが出資している。

フィリピン政府は、環境保護などのため、公共交通での電気自動車(EV)導入が必要と判断。ジプニーやバスなどの電動化を推進している。先月末にはマニラ首都圏パサイ市で「第1回東南アジア諸国連合(ASEAN)EV・ハイブリッド車サミット(1st ASEAN Electric and Hybrid Vehicle Summit)」が開催され、AFEHVI(FEDERATION OF ELECTRIC AND HYBRID VEHICLE INDUSTRIES/ASEAN電気自動車・ハイブリッド車産業連盟)の発足調印式が挙行された。

ロドルフォ貿易産業次官によると、同サミットに参加した韓国企業は、フィリピンでのEV組み立てや部品の製造事業に関心を示したという。

見て見ると、昔デパートの屋上にあった電気自動車のようである。

これなら、フィリピンのジプニー工場でもできる。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告