2017年07月15日

イラン出身の天才数学者マリアム・ミルザハニ、40歳で死去。

人物

AFPは2017年07月16日に、「数学のノーベル賞」と称されるフィールズ賞(Fields Medal)を女性で初めて受賞したイラン出身の数学者マリアム・ミルザハニ(مریم میرزاخانی/Maryam Mirzakhani)が2017年07月15日に、米国内の病院で40歳で死去したと報告した。

マリアム・ミルザハニはがんを患って、4年間戦っていた。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

マリアム・ミルザハニの訃報は、友人でNASAの太陽光システム探査(Solar Systems Exploration)の元ディレクター、フィルーズ・ナデリ(Firouz Naderi)がインスタグラム(Instagram)で明らかにした。

イランメディアによると、米国スタンフォード大学(Stanford University)教授のマリアム・ミルザハニは4年前からがんの治療を受けていたが、がんは脊髄に転移していたという。

脊髄に転移すると、痛くて寝返りも打てなくなり、麻薬投与でその痛みを和らげるが、意識はどんどん朦朧とし始める。

マリアム・ミルザハニさんは1977年、イランの首都テヘラン(Tehran)生まれ。育ったのもテヘランで、当初の夢は作家になることだったが、高校に入学する頃には数学に親近感を覚えるようになり、進路を変更した。2008年にスタンフォード大教授に就任し、2014年に国際数学者会議(International Congress of Mathematicians)からフィールズ賞を授与された。

マリアム・ミルザハニさんには同じスタンフォード大の数学者である夫と幼い娘がいる。

そういえば、暴言が多い日本の数学者は、ノーベル賞を受賞しているが、「数学のノーベル賞」と称されるフィールズ賞は受けているのだろうか?

イラン人を始め、モスレム系の人の中に、幾何学や代数で天才的な人が歴史上多く語られている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。