2017年07月05日

ボルボ、内燃エンジンのみ搭載の車を廃止へ

未来

AFPは、スウェーデンの自動車大手ボルボ(Volvo)は2017年07月05日に、ガソリン車およびディーゼル車の生産を段階的に廃止し、2019年以降に発売する新たな車種はすべてEV(Electric Vehicle電気自動車)またはHV(Hybrid Vehicle/ハイブリッド車)に移行すると発表したと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

中国の自動車大手浙江吉利控股集団(Zhejiang Geely Holding)傘下のボルボは、2019年から2021年の間に完全なEV5車種を発売するという。このうち3車種はボルボブランドで2車種はポールスター(Polestar)ブランドになるという。

ボルボの代表取締役社長で最高経営責任者(CEO) のホーカン・サムエルソン(Hakan Samuelsson)はフランクフルト(Frankfurt/M)で発表した声明で、「今回の発表により、(ボルボにおいて、ガソリンやディーゼルなどの)内燃機関駆動のみの車の時代は終わる」と述べた。

またボルボの広報担当者は、2019年より前に投入したガソリン車およびディーゼル車については製造を継続していくとしたが、これらの車種も段階的にHVとEVに取って代わっていくと述べた。

世界最初の量産型ハイブリッド車であるトヨタ・プリウスが1997年12月に登場してから20年。
時代は、大きく動いた!

21世紀に向けた開発プロジェクト「G21プロジェクト」の開発責任者内山田竹志は、トヨタ自動車の会長になった。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト