on-the-time.jp

2017年07月04日

パリで、電動の自動運転シャトルバスの試験運転開始。

未来

AFPは、フランスの首都パリ(Paris)北西部郊外のビジネス地区ラ・デファンス(La Defense)で先週、自動運転の電動シャトルバス3台の試験運転が始まったと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

電動自動運転システムを手掛ける仏企業ナビヤ(Navya)が生産したバスは最大15人を乗せることができ、試験運転期間は6か月間。最初の3か月は係員が同乗し、残りの3か月は利用客のみが乗車する予定にしている。

パリは混んでいるから、さらに無謀運転も多い!事故にならないことを期待する。

Techcrunchは2016年10月13日に、自動運転シャトルバスのフランスのNavyaがUS$3400万を調達したと報告していた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告