gaYa広告

2017年07月04日

台湾で、銀行貸出が2016年を上回る伸び!

未来銀行モバイル・マネー

アジア経済ニュースNNA ASIAは、大手会計事務所KPMGの金融サービスパートナーを務める李暁峰はこのほど、香港の今年の銀行貸出が昨年(6.5%)を上回る伸び率になるとの見通しを示したと、大公報などが伝えた。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

KPMGによると、1〜4月の伸び率は10%を超えた。同期の新規貸出に住宅ローン、中小企業、本土企業向けが占める比率は8割超だった。李暁峰は「香港経済の上向きや中国の習近平(习近平/Xi Jinping)政権が掲げる現代版シルクロード経済圏構想『一帯一路(一带一路/belt and road/One Belt One Road)』、本土との相互取引が貸出を押し上げる要因になっている。」との認識を示した。

KPMGが実施した調査によると、2016年末時点の香港大手10行の貸出残高は前年末比3.4%増のHK$7兆3,570億(約106兆円)。NIM(net interest margins/純利ざや)は1ポイント縮小の1.58%だった。

日本の銀行は、「0金利」政策で、貸し渋りをしているが、銀行は昔から金貸業である。

ソフトバンクの孫正義の時も言ったが、お金は「おあし」と言う。
動いているところに集まり、増える。
どんなに金持ちでも貯金通帳を見て、喜んででいるのは、死に金の数字だけである。

「0金利」政策で、貸し渋りでは、日本の本当の未来経済を担えない!

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。