on-the-time.jp

2017年06月28日

羽毛恐竜の抱卵温度は、ニワトリと同程度。

超過去

AFPは2017年06月29日に、オウムに似たくちばしを持つ二足歩行の羽毛恐竜に、現生鳥類と共通の特徴がもう一つあったとする研究論文が2017年06月28日に発表され、この羽毛恐竜は卵を抱き、ニワトリと同じくらいの温度に温めていたという。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

学術誌「古生物学(Palaeontology)」に掲載された論文によると、ダチョウほどの大きさのこの恐竜は、鳥類の祖先とされる獣脚類のオビラプトル(Oviraptorosaur)で、卵をふ化させるために35〜40度に温めていた。これは、現代のニワトリの37.5度と同程度だという。

δ18O-derived incubation temperatures of oviraptorosaur eggs
Authors
Romain Amiot,
Xu Wang,
Shuo Wang,
Christophe Lécuyer,
Jean-Michel Mazin,
Jinyou Mo,
Jean-Pierre Flandrois,
François Fourel,
Xiaolin Wang,
Xing Xu,
Zhijun Zhang,
Zhonghe Zhou
First published: 28 June 2017Full publication history
DOI: 10.1111/pala.12311 View/save citation
Cited by (CrossRef): 0 articles

中国とフランスの研究チームは、中国の江西州、白亜紀後期の南雄構成(the Upper Cretaceous Nanxiong Formation of Jiangxi Province, China)で発掘された約1億年〜6600万年前の白亜紀後期に生息していたオビラプトルの卵7個の殻と胚の骨の酸素原子を測定し、分析した。

論文の共同執筆者で、CNRS(Centre national de la recherche scientifique/フランス国立科学研究センター)の古生物学者ロマン・アミオ(Romain Amiot)は、今回の分析法で抱卵中に胚形成が進む期間の温度が明らかになったと説明する。

恐竜が恒温動物か変温動物かは、科学の長年の謎となっている。

2015年に発表された研究では、恐竜はそのどちらでもなく、両者の中間に位置づけられる存在だったことが示唆された。

その研究によると、恐竜は体内で熱を発生させ、体温を上げることはできたが、現代の恒温動物のように体温を常に高いレベルに維持するのは不可能だったとされる。

体温を周囲の気温よりも高くすることで極寒の環境でも卵をふ化させるペンギンのように、恐竜も高緯度の寒冷な気候に耐えることができたと考えられている。

今回の研究でも、オビラプトルが「抱卵温度以上の体温を持っていた」ことが卵の分析を通じて示唆されたと、ロマン・アミオは指摘する。

その一方で、能動的な抱卵行動は、恐竜が卵をふ化させる方法としては一般的ではなかったと思われるとしながら、「草食恐竜ディプロドクス(genus Diplodocus)が、自分が産んだ卵の上に座っている姿は想像し難い。卵を割るか、巣を壊すかするのは確実だ。」と話した。

全長約30mで体重が10トン以上に及んだディプロドクスは、かつて地球を闊歩(かっぽ)していた最大級の動物の一つである。

卵を土に埋めて温めていた恐竜や、腐敗が進むと熱を発する植物でできた巣に卵を入れる恐竜がいたことは、これまで見つかった化石から証拠として示されている。

しかし、こんなに多くの卵の化石が見つかると、卵を温めていた親は、死を覚悟していたのかもしれない。

2017-05-09---巨大なオビラプトロサウルス類の新種、中国で発見!
2015-04-21---中国の都市建設作業員により発見された数十の恐竜の卵。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。