on-the-time.jp

2017年06月29日

ブータン、領土問題で中国に抗議!

AFPは、ブータン(Bhutan)政府は2017年06月29日に、領土係争地域で中国が道路の建設工事を行っているとして、中国側に抗議した。

ベツォプ・ナムギャル(Vetsop Namgyel)駐インド大使はPTI通信に対し、「インド国内の外交使節を通じ、中国に対して抗議の意を伝えた」と語り、ブータン、インド、中国が国境が接する地域に近い場所で中国の人民解放軍が行っている道路の建設工事を中止するよう要求したと明かした。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

ブータンと中国の間に正式な外交関係は結ばれてはいないが、インドの首都ニューデリー(New Delhi)に駐在する外交使節を通して接触が持たれている。
ベツォプ・ナムギャルは道路について「2国間の合意に違反している。」と述べた。

ベツォプ・ナムギャルは「ドクラム(Doklam)は係争地であり、ブータンは中国との間で、国境問題の最終的な解決を棚上げするとの合意を文書で交わしている。平和と安定は維持されるべきだ。」と強調した。

中国側がドンラン(Donglang)と呼ぶこの地域は主権をめぐる論争の場となっている。

確かに、Google Earthで見ると細い道路が国境を越えて見える。

ドクラム(Doklam)の緯度、経度
27°30'28.7"N 89°00'54.6"E

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告