2017年06月29日

ブータン、領土問題で中国に抗議!

AFPは、ブータン(Bhutan)政府は2017年06月29日に、領土係争地域で中国が道路の建設工事を行っているとして、中国側に抗議した。

ベツォプ・ナムギャル(Vetsop Namgyel)駐インド大使はPTI通信に対し、「インド国内の外交使節を通じ、中国に対して抗議の意を伝えた」と語り、ブータン、インド、中国が国境が接する地域に近い場所で中国の人民解放軍が行っている道路の建設工事を中止するよう要求したと明かした。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

ブータンと中国の間に正式な外交関係は結ばれてはいないが、インドの首都ニューデリー(New Delhi)に駐在する外交使節を通して接触が持たれている。
ベツォプ・ナムギャルは道路について「2国間の合意に違反している。」と述べた。

ベツォプ・ナムギャルは「ドクラム(Doklam)は係争地であり、ブータンは中国との間で、国境問題の最終的な解決を棚上げするとの合意を文書で交わしている。平和と安定は維持されるべきだ。」と強調した。

中国側がドンラン(Donglang)と呼ぶこの地域は主権をめぐる論争の場となっている。

確かに、Google Earthで見ると細い道路が国境を越えて見える。

ドクラム(Doklam)の緯度、経度
27°30'28.7"N 89°00'54.6"E

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。