on-the-time.jp

2017年06月26日

フィリピン、マニラ―クラーク鉄道整備、全線を円借款で建設!

未来

大丈夫?

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年06月27日に、フィリピン政府は2017年06月26日に、PNR(Philippine National Railways/フィリピン国有鉄道)マニラ市トゥトゥバン(Tutuban)と中ルソン地方パンパンガ州クラーク(Clark, Province of Pampanga)を結ぶ総延長106キkmの鉄道計画で5駅の設置場所を公開した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

全17駅を設置する予定で、総事業費は2,550億ペソ(約5,665億円)を見込む。最大2,419億9,100万円の円借款供与が決定している南北通勤鉄道の北側区間約38kmトゥトゥバン―マロロス(Malolos)を含む、全線の整備に円借款を充てたい考えである。

駅の設置場所を公開したのは、ブラカン州マリラオ(商業施設SMマリラオ前)、メイカウアヤン(セント・メリーズ・カレッジ前)、マニラ首都圏バレンズエラ市(国家食糧庁=NFAバレンズエラ前)、カロオカン市(サムソン通りと北部ルソン高速道路=NLEXの交差点)、PNRトゥトゥバン駅の5カ所。

地元紙ビジネスワールド(businessworld)などによると、PNRはこのほか、マニラ市トンド地区ソリス、ブラカン州ボカウエ、バラグタス、グイグイント、マロロス、カルンピット、パンパンガ州アパリット、サンフェルナンド、アンヘレス、クラーク、クラーク国際空港と、複合都市「クラーク・グリーン・シティ―(CGC)」に駅を設置する計画を示している。

アーサー・トゥガデ運輸相(Minister of Transport, Arthur Tugade)は声明で、2021年中に全線を開通したい意向を示した。

着工は今年第4四半期(10〜12月)を目指す。アーサー・トゥガデによると、同通勤線では8両編成を13本運行し、列車の最高速度は時速120knとなる。現在は2時間かかるトゥトゥバン―クラークが55分に短縮されるという。運行初年度には、1日当たり約35万人の利用者を見込む。

将来は、フィリピンに新幹線を走らせたい!?

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この記事に関連する外部のサイト