2017年06月27日

自動運転時代の「車載Ethernet」

未来

日経テクノロジーオンライン通信 号外 2017年06月27日号で、自動運転時代を迎えるに当たり、自動車業界が「車載Ethernet」の採用に舵を切っていると報告した。

以前は、このようなシステムに無線LANを採用しようとしたが、スピード、容量、セキュリティなどの問題で、車載Ethernetに移動して来た。

Ethernetはこれまで、オフィスや家庭の通信機器やパソコンなどを接続するネットワークで利用されてきた。今後は、自動車内のECUや電装品同士をつなぐ車載LANにEthernetが広がってい区と予測されている。

自動運転では、「走る」「曲がる」「止まる」といった「制御系」、ADASなどの「安全系」、シートやパワーウインドーなどの「ボディー系」、カーナビやリアシート用ディスプレーなどの「情報系」といった系統(ドメイン)をまたぐかたちでの協調制御が必要になりる。すると、バックボーンなどで扱うデータ量が増える。そこで出番となるのが、100Mbps、1Gbps、10Gbpsと高速な車載Ethernetになる。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

車載Ethernetであれば、ケーブル数を抑制しながら、高速なデータ伝送が可能になる。ケーブルが少なければ、設置空間や重量の面でも有利になる。

加えて、Ethernetを用いれば、車載ネットワークの構成を簡素にできる利点がありる。
現在の車載LANでは、CAN(Controller Area Network)やLIN(Local Interconnect Network)に複数のECUを接続し、それらのネットワークをゲートウエイで次々につないでいくため、機能を追加するたびにネットワークが複雑化しやすい。
その結果、開発工数が増えて、コスト増大につながる。Ethernetを使うと車載LANをよりシンプルに構成でき、後継機種の開発や設計の使い回しが容易になり、コストを下げやすくなる。

車載ネットワークをEthernetで構成すれば、IPベースでデータをやり取りでき、外部ネットワーク、すなわちクラウド側との連携がより容易になる。

このように、自動運転時代に適した車載Ethernetだが、Ethernetを車載LANに広く活用するには、通信のリアルタイム性やフェイルセーフの確保など自動車ならではの要求を満たす技術を盛り込む必要がある。その技術開発や、仕様を策定する動きが進んでいる。加えて、クラウド側との連携が加速するため、セキュリティー対策も入念に講じる必要がある。

以前から、車内Lanのハッキングは大きな話題を呼んで来た。

そこで日経エレクトロニクス、日経Automotiveセミナーは神戸国際会場で、2017年07月24日から25日に「自動運転時代の車載Ethernet〜大容量通信からセキュリティ、クラウド連携まで〜」というイベントを開催すると報告して来た。

イベントでは、この車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向や、セキュリティー対策、クラウド連携に関する話題をピックアップし、大手自動車メーカーや車載部品メーカーをはじめ、国内外から第一線で活躍する講師を招聘した講演。

また、車載Ethernetに取り組む企業から最新のデモンストレーションを展示スペースで実演する2日間のイベントになると伝えて来た。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。