gaYa広告

2017年06月20日

アインシュタインの8通の手紙、2330万円。

電子ブック人物

時事通信社は2017年06月21日に、物理学者アインシュタイン(Einstein)の手紙8通が、エルサレム(Jerusalem)で競売商ウィナーズ(Winners Auction Jerusalem)のオークションに出品され、計US$20万9400(約2330万円)で落札された。神や物理学などに関する考察が記されている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

8通は1951〜54年に英語でタイプされ、一部には手書きの文字や署名が添えられている。交流があった米国物理学者デービッド・ボーム宛てで、その妻の遺品から見つかった。

このうち最高価格のUS$8万4000(約930万円)で落札されたのは、アインシュタイン死去1年前の1954年の1通で、「神がこの世を創造したのなら、最初に気に掛けたのはわれわれにこの世を容易に理解させないことだったはずだ。」とつづっている。

実は、イスラエルのヘブライ大学にあるアインシュタイン資料館(The Albert Einstein Archives at The Hebrew University of Jerusalem)には、膨大なアインシュタインの手書き原稿が保存されている。

それらはすべて、Webで公開されている。

ただし、これを利用するには、かなりアインシュタインの基礎知識が必要になる。

昔、日本の大学教授が私に探して欲しいと言ってきた資料の幅が広すぎて、探しきれないということになり、ヨーロッパ中の関連企業に現状資料を置くてくれと依頼して、集めたものを送ったら、ドイツ語が読めなかった!

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。