on-the-time.jp

2017年06月16日

ブルガリアは、サバンナだった!?

超過去

ArtDailyは2017年06月18日に、AFPが2017年06月16日に報告した情報から、700万年前、ブルガリア(Bulgaria)の南の部分でヒマワリとトウモロコシ畑は、ガゼルとキリンが歩き回るアフリカのサバンナに似ていたと報告している。

そして多分、また最も初期の人間の祖先が驚異的に、ほとんどのどの科学者もここまで信じていなかったが、アフリカから来た。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

小さい研究者のチームは、2017年06月の日光において、ルプティケ(Rupkite)の近く、眠っている村の、干からびた川底の粘土から化石を非常に慎重に発掘して、人の起源の証拠をブルガリアで発見することを望んでいる。

それらすべては、ローカルなアマチュア古生物学者ペタール・ポップディミトロフ(Petar Popdimitrov)の5歳孫が3つの根を持つ化石化された歯のように見えたものを2002年に見つけて始まった。

「それの全体はブルー・グレーっぽい色をしていた。それは、特に咀嚼表面非常にすり減っているように思われた。私達は、それが動物性のものであると思った。」と、76歳のペタール・ポップディミトロフは、AFPに話した。

「しかし、歯科医である私の義理の息子は、夕方、それが人であるかもしれないと言った。」

彼が正しいかもしれない人がアフリカではなく、東の地中海の猿から分岐したことを潜在的に証明する方法、およびこの発見が物凄く重大であるかもしれない。

2007年に、ペタール・ポップディミトロフはブルガリアの国立自然科学博物館のニコライ・スパソフ教授(Professor Nikolai Spassov from Bulgaria's National Museum of Natural History)とパリの国立自然史博物館からデニス・ジェラード(Denis Geraads from the Musee National d'Histoire Naturelle in Paris)に歯を示した。

今では、10年間調査してきた、ニコライ・スパソフ教授とドイツのチュービンゲン大学(Universität Tübingen)からのチームとマデライン・ベーメ(Madelaine Boehme from Tuebingen University in Germany)は、1944年にアテネで発見した顎骨と歯がマッチしているという理論を出した。

第2次世界大戦中にバンカーを掘っていたドイツの兵士により発見された顎骨の新しい研究を実施している。およびそれらの研究者が見つけ、大胆で、論争の理論を考え出したブルガリアのエリアの歯と動物。

それら、両方のアイテムは、Graecopithecusと呼ばれる生き物からであり、それが人のための集合的で、不猿祖先の私達の直接的なラインの用語homininであったと仮定する。Graecopithecus、研究者はhypothesiseは、後でアフリカだけに移住する。

ただし、AFPが2017年06月16日に報告した情報は、消えている。
一体全体何が起こっているのか?

ブルガリア(Bulgaria)のルプティケ(Rupkite)の緯度、経度
42°15'00.0"N 25°21'00.0"E
または、
42.25, 25.35

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。