gaYa広告

2017年06月14日

Facebook、交渉し、妥協もできるAIボット・ツール開発。

未来

AFPは2017年06月15日に、米国フェイスブック(Facebook)AI(artificial intelligence/人工知能)研究チームは、人間と交渉ができ、妥協点も見いだせるAIボット・ツールを開発したと発表した。

FAIR(Facebook's Artificial Intelligence Researchers)のマイク・ルイス(Mike Lewis)とドゥルブ・バトラ(Dhruv Batra)はブログへの投稿で、この新技術について、パーソナル・デジタル・アシスタント開発のカギを握る「論理的な思考、会話、交渉」を可能にするボットの作成技術を前進させるものだと説明している。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

FAIRによるとこれまでのボット・ツールやチャットボット・ツールは、短い会話やレストランへの予約といった単純作業しかできないものが大半だった。
だが、Facebookが開発した新しいボット・ツールの技術は、「常識的な判断や結論を探りながら、他のボットや人間と一貫した交渉を行える」という。

FAIRの研究者らは、AIボットに物事の「価値」を評価し、交渉に関わる各当事者にとってどのくらい重要なのかを推測できる能力を与えることで、交渉能力を備えたボットのソースコード開発に成功したと伝えている。

人間は、その途中で迷い、ミスを犯すが、AIボット・ツールはミスをしないで最短で、結論を導き出すことだろう。

これを使うと、投資などの面白さは消える!

昔の人工知能投資ツールは、いい加減だった!

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告