on-the-time.jp

2017年06月14日

世界初? 「走る航空機」チェコ開発。

スポーツ未来

AFPは、世界の自動車メーカーが空飛ぶ車をいち早く市場に出そうとしのぎを削る中、51歳のチェコ人のパベル・ブレジナ(Pavel Brezina)は別の方針をとった。空飛ぶ車ではなく、陸上を走る航空機、「ジャイロドライブ(GyroDrive)」を開発したと報告した。

つまり、飛べない飛行機?

それなら聞いたことがなんどもある。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

チェコのプルジェロフ(Prerov)にあるニルバーナ・オートジャイロ(Nirvana Autogyro)はパベル・ブレジナが所有する会社である。
この会社では小型航空機用のモーターを作っている。
パイロットでエンジニアでもあるパベル・ブレジナによると、ジャイロドライブは陸空両方での使用を許可された世界初の乗り物だという。

このジャイロドライブは、ジャイロプレーンを基に作られた。
ジャイロプレーンはヘリコプターのようなローターを使って上下に移動し、飛行機のような推進プロペラで前に進む。

ニルバーナ・オートジャイロはドイツの会社からジャイロプレーンの部品を購入して組み立て、ローターを動かすガソリンエンジンと、車輪を動かす電気エンジンとを切り替えられるシステムを組み込んでいる。

ジャイロドライブは2人乗りで、陸上での最高速度は時速40km。
離陸に必要な助走は100m未満で、最高飛行速度は時速180km、航続距離は600km。

ジャイロドライブの価格は150万コルナ(約700万円)からで、仕様によっては400万コルナ(約1900万円)ほどにもなるという。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

gaYa広告