on-the-time.jp

2017年06月14日

世界初? 「走る航空機」チェコ開発。

スポーツ未来

AFPは、世界の自動車メーカーが空飛ぶ車をいち早く市場に出そうとしのぎを削る中、51歳のチェコ人のパベル・ブレジナ(Pavel Brezina)は別の方針をとった。空飛ぶ車ではなく、陸上を走る航空機、「ジャイロドライブ(GyroDrive)」を開発したと報告した。

つまり、飛べない飛行機?

それなら聞いたことがなんどもある。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

チェコのプルジェロフ(Prerov)にあるニルバーナ・オートジャイロ(Nirvana Autogyro)はパベル・ブレジナが所有する会社である。
この会社では小型航空機用のモーターを作っている。
パイロットでエンジニアでもあるパベル・ブレジナによると、ジャイロドライブは陸空両方での使用を許可された世界初の乗り物だという。

このジャイロドライブは、ジャイロプレーンを基に作られた。
ジャイロプレーンはヘリコプターのようなローターを使って上下に移動し、飛行機のような推進プロペラで前に進む。

ニルバーナ・オートジャイロはドイツの会社からジャイロプレーンの部品を購入して組み立て、ローターを動かすガソリンエンジンと、車輪を動かす電気エンジンとを切り替えられるシステムを組み込んでいる。

ジャイロドライブは2人乗りで、陸上での最高速度は時速40km。
離陸に必要な助走は100m未満で、最高飛行速度は時速180km、航続距離は600km。

ジャイロドライブの価格は150万コルナ(約700万円)からで、仕様によっては400万コルナ(約1900万円)ほどにもなるという。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告