2017年06月11日

マイクロソフト「Xbox One X」発表。

未来

AFPは2017年06月12日に、米国のマイクロソフト(Microsoft)は、過去最強の家庭用ゲーム機とうたう「Xbox One X」を発表したと報告した。

同機の登場で、トップシェアを誇るソニー(Sony)の「プレイステーション(PlayStation)」との競争は、一段と激しさを増しそうだと伝えている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

Xbox担当チームリーダーのフィル・スペンサー(Phil Spencer)によると、このゲーム機は超高解像度4Kテレビにも対応しており、価格はUS$499(約5万5000円)で、2017年11月7日に全世界で発売する予定だという。

フィル・スペンサーは、米国のロサンゼルス(Los Angeles)で開催されるゲーム見本市「E3(Electronic Entertainment Expo/エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)」の開幕に先立ち行われたマイクロソフトのイベントに出席し、「Xbox One X」を発表した。開発中のコードネームは「スコーピオ(Scorpio)」と呼ばれ、大きな関心を集めた。

新しいゲームコンソールは、ほぼXbox Oneと同じだが、4K HDR出力とDolby Atmosのサラウンドサウンド機能を内蔵している。
また、Xbox One XがXbox Oneシリーズ中もっとも小さく、かつもっとも強力である。

前面USBポートがあり、背面にあとUSBポートが2つある。
反対側にはイジェクトボタン、ディスクスロット、および赤外線受光部がある。
右側面には、”Hello from Seattle ― Xbox One X” というメッセージの刻印と換気グリルが見える。
そして背面にはUSBポート2基の他、HDMI inとout、光デジタルオーディオ、赤外線出力ポート、イーサーネット、および電源ケーブルポートがある。

ファンにとっての気になる情報として、マイクロソフトは今後発売予定のゲーム42タイトルを紹介した。Xbox Oneシリーズのみに対応したゲームも半分以上の22種類ある。

複数の市場調査会社によると、最新の家庭用ゲーム機器ではソニーのプレイステーション4が圧倒的なシェアを獲得しており、Xbox Oneの約2倍に上っているという。

しかし、いずれもスマートフォンに押され気味である。

マイクロソフトは、そのスマートフォンで勝てない。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告