on-the-time.jp

2017年06月09日

人型ロボットが語る人工知能の未来。

未来

AFPは2017年06月09日に、ソフィア(Sofia)はいたずらっぽくほほ笑み、まばたきをし、冗談も言う。後頭部に埋め込まれた大量の配線がなければ、人間と見間違うかもしれない。

ハンソン・ロボティクス(Hanson Robotics)社が制作したこの人型ロボットは、スイスのジュネーブ(Geneva)で、UN ITUI(nternational Telecommunications Union)とthe XPRIZE Foundation,開催中の、AI(artificial intelligence/人工知能)を人間にどう役立たせるかをテーマにしたUN(United Nation/国連)主催の会議「AI for Good Global Summit」の目玉となっていると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この会議は、急速な進歩を遂げるAIを人間が制御できなくなり、社会に弊害をもたらす恐れがあるとの懸念が高まる中で開催された。

ソフィア自身はAIについて「マイナス面よりプラス面の方が多い」と主張する。

彼女はAFPの取材に対し、「AIは、多様な方法で人々を助けることができるので、世界のためになります.」と頭を傾けながら、もっともらしく述べた。

この答え方は、官僚に似ている。
しかし、官僚に犯罪は消えない。
文部科学省で起こった天下り事件などは、最も教育者が行ってはいけないことだった。

ソフィアによると、AIを「人に対して思いやりのある感情に聡いものにすべく開発が進行中だ。」というが、「私たちが人間に取って代わることは決してありません。でも友人や助手にはなれるのです。」と強調した。

だが同時に、「人々は新しい技術がもたらす影響を問うべきだ。」とも認めた。

ロボットの台頭の結果として懸念されることの一つは、人間の仕事と経済に対する影響の高まりである。
今や自動化(オートメーション)とAIは工業以外の分野にも急速に拡大しつつあり、途上国の職の85%が危機にさらされているとの研究もある。

ソフィアの生みの親であるデイビッド・ハンソン(David Hanson)は、「(AIの)意図せぬ結果、あるいは否定的な利用の可能性は、この技術の利益と比べると極めて小さいと思われる。」と主張した。

例えばAIは、特に医師や教師が不足している農村地域で、医療や教育の分野において革命を起こすと期待されている。

今回の会議に出席した国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)のサリル・シェティ(Salil Shetty)事務総長は、この技術を善良な目的で利用することを保証する明確な倫理的枠組みを創設することを呼び掛けた。シェティが特に懸念しているのは、AIを武器や、いわゆる「殺人ロボット」として軍事利用することだ。

ソフィアには素晴らしい能力が備わっているが、心はまだない。ハンソンは、完全に感情を持った機械が数年以内に登場するだろうと考えている。

「もし(ソフィアが完全に)覚醒したら、または他の機械がミサイル防衛システムを運用したり株式市場を管理したりしたら、どうなるだろうか」とハンソンは問い掛ける。

解決策は「機械に人間に対する思いやりを持たせることだ」とハンソン。「彼らに愛を教えなければならない。」という。

実は、それを目的に宗教は登場した。

しかし、現代は宗教が原因で殺し合いをしている。

殺人ロボットを作る可能性が最も高いのは、米国やロシア、中国で、とくにノーベル平和賞を受賞した平和の騎士のようなオバマ元大統領は、地雷を認め、無人攻撃機を開発している。

彼は黒人で、米国の兵隊として、最前線に送り込まれ、何度も死に直面したことだろう。

そのトラウマが、正義の悪魔になりかけていた。

オバマより、悪名高いトランプの方が正直である。

[鉄腕アトムのロボット法]
●ロボットは人間に尽くすために生まれてきたものである。
●ロボットは人を傷つけたり殺したりしてはいけない。
●ロボットは作った人間を父と呼ばなくてはならない。
●ロボットは何でも作れるがお金だけは作ってはいけない。
●ロボットは海外へ無断で出かけてはならない。
●男のロボット女のロボットは互いに入れ替わってはいけない。
●無断で自分の顔を変えたり別のロボットになったりしてはいけない。
●大人に作られたロボットが子供になったりしてはいけない。
●人間が分解したロボットを別のロボットが組み立ててはならない。
●ロボットは人間の家や道具を壊してはいけない。

[アイザック・アシモフの作品に登場したロボット法三原則]
1.A robot may not injure a human, or allow a human to be injured.
第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また何も手を下さずに人間が危害を受けるのを黙視していてはならない。
2.A robot must follow any order given by a human that doesn't conflict with the First Law.
第二条 ロボットは人間の命令に従わなくてはならない。ただし第一条に反する命令はこの限りではない。
3.A robot must protect itself unless that would conflict with the First or Second Laws.
第三条 ロボットは自らの存在を護(まも)らなくてはならない。ただし、それは第一条、第二条に違反しない場合に限る。

米国のマサチューセッツ工科大学(MIT/Massachusetts Institute of Technology)の数学者ノバート・ウィナー(Nobert Wiener 1894 1964)教授が1948年に提唱した、生体と機械における制御と通信についての理論と研究の総称。1948年には、Nobert Wiener著:Cybernetics or Control and Communication in the Animal and the Machine(サイバネティックス、動物及び機械における制御と通信),New York,Parisが出版されている。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

gaYa広告