gaYa広告

2017年06月08日

ホンダ、EV専用車を開発。

未来

日本経済新聞 電子版は、ホンダは2017年06月08日に、PHV(Plug-in Hybrid Vehicle/プラグインハイブリッド車)とFCV(Fuel Cell Vehicle/燃料電池車)に加え、EV(Electric Vehicle/電気自動車)開発にも力を入れ、EV専用の車種を開発すると発表した。

安全技術では2025年をめどに一般道での自動運転技術を確立する。
八郷隆弘社長は、「先進安全と電動化の導入を最重要項目とする」として、次世代技術に重点を置く。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

ホンダは2018年に中国で現地向けのEVを発売することを予定している。これとは別にEV専用車種を開発し、その他の国でも販売を始める。

EV用の車台(プラットホーム)を開発し、電池を効率よく搭載するほか、車の走りの性能も高める。
EV開発を強化するため、ホンダは研究所内に昨年秋に専門の組織を立ち上げた。
二輪車でも2018年に電動スクーターを投入するなど電動化にかじを切る。

2020年には高速道路で複数車線での自動運転に対応した車両を量産する。
AI(Artificial Intelligence/人工知能)などを活用して一般道などに適用を拡大する。2025年ごろに地域など条件が限定された環境での自動運転技術を確立する。

自動車業界では米国のフォード・モーター(Ford Motor Company)が2021年までにライドシェア事業者向けにアクセルやハンドルのない完全自動運転車の量産を始める計画している。
ドイツのVW(Volkswagen/フォルクスワーゲン)も2021年に完全自動運転車の市販をめざしており、各社の開発競争が激しさを増している。

今回ホンダは、2030年に向けた経営方針となる「2030年ビジョン」も策定し、質の追求による成長をめざす姿勢を改めて打ち出した。伊東孝紳社長(現・取締役相談役)時代の10年に「いいものを早く、安く、低炭素で顧客に届ける」とした「2020年ビジョン」を発表した。20年の3年手前で、30年に向けた経営方針を打ち出した背景について、八郷社長は東日本大震災や新興国経済の減速など環境の変化を挙げた。

2030年ビジョンでは地域間の連携強化による効率化や、既存事業の基盤強化、外部企業と連携するオープンイノベーションの推進を重点領域とした。具体的には、顧客の要望が近い地域同士で、地域専用モデルの共同開発や共用を広げるなど地域間の連携を深める。

開発領域が広がる中、既存事業の効率化にも着手し、部品などを共有化するモジュラー戦略の導入を検討する。開発と調達、生産の部門間の連携を深めてコスト低減を担う部署を作るほか、顧客の感性に訴える製品開発にも乗り出す。19年発売予定のモデルから反映されるとしており、効率化と「らしさ」の両立をはかる。

【2030年ビジョン】
1. 2030年ビジョン策定の狙い
・事業環境の急激な変化にいち早く対応し、乗り越えていくために、次の方向性をビジョンとして定めました。
・創業100年を超える2050年に、存在を期待される企業であり続けるために、その将来の姿をふまえ、2030年にありたき姿を「2030年ビジョン」としてまとめました。
<2030年ビジョンの構成>
①「ビジョンステートメント」、②「企業姿勢」、③「ビジョン実現に向けた取り組み方向性」、④実現に必要な「注力すべき事業視点」の4つの内容で構成されています。
2. 2030年ビジョンステートメント紹介
・ビジョンに必要な重要な2つの要素「Hondaの普遍の想い」「Hondaの強み」を明確化。
<Honda普遍の想い>
・提供価値:「人々の夢と可能性を拡げる」商品やサービスを提供すること。
・企業姿勢:その実現に向けて「熱き想いで新しいことに挑戦する」という取り組み姿勢。
<Hondaの強み>
・ 既存の強み:①「二輪車・四輪車・パワープロダクツ」の多岐に渡るモノづくりの力、②全世界で年間2,800万人にのぼる、お客様と市場。
・新たな強み:モノづくりだけでなく、コトづくりを含むソリューション創出力。
・これらを元に「モノづくりの進化」と「コトづくり」を統合し、Hondaの強みを創出していきます。
<2030年ビジョンステートメント>
・取り組む領域:「移動の進化」と「暮らしの価値創造」の2つに定めました。
・その領域で、Hondaの普遍の想いを込め、「すべての人に生活の可能性が拡がる喜びを提供する」そのために「移動と暮らしの進化をリードする」というステートメントを定めました。
3. ビジョン実現に向けた取り組みの方向性
<① 移動と暮らしの価値創造>
・自由で楽しい移動の喜びと、生活が変わったり豊かになるような喜びを提供するために、「モビリティ」「ロボティクス」「エネルギー」の3つの分野に注力していきます。
<② 多様な社会・個人への対応>
・「常に人間中心に、技術で人々の生活に役立ちたい」という考えに基づき、最適な商品・サービスを提供することで、人々の喜びをさらに拡げていくことを目指します。
<③ クリーンで安全・安心な社会へ>
・環境と安全の領域でNo.1を目指してさらに資源を投入し、カーボンフリー社会と交通事故ゼロ社会の実現をリードする存在となることを目指します。
4. 注力すべき事業視点
・2030年ビジョンの実現に向け、限られた経営資源の中で既存ビジネスの転換や進化、新価値創造を行うため、3つの注力すべき領域を定め、経営資源を有効活用し、事業基盤を強化していきます。
<① 地域の協調と連携>
・「地域の協調と連携」をさらに進め、グローバルな視点で効率的な事業運営を進めます。
・そのために、グローバルモデルは、どの地域でも通用する強いモデルに育てること。そして、地域専用モデルは、お客様ニーズの近い地域同士が連携し、より高い商品力のモデルを開発・共有することで、高効率な地域事業を目指します。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。