gaYa広告

2017年06月07日

人類の起源の定説覆す化石発見。世界中が大騒ぎ!

超過去

AFP、ArtDaily、毎日新聞、日本経済新聞 電子版、朝日新聞デジタルは2017年06月08日に、現生人類ホモ・サピエンスは、30万年前にアフリカに生息し、現代の人々とそう変わらない顔つきをしていたとする論文が2017年06月07日に、発表された。

この研究結果は、人類の起源が定説より10万年早かったことを示している。

20年来の通説は、ホモ・サピエンスは約20万年前にアフリカ東部に現れたと言われて来た。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

イギリスの科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された2件の論文によれば、これを覆す画期的な化石がモロッコで見つかった。

Palaeoanthropology: On the origin of our species

Chris Stringer &
Julia Galway-Witham

Nature 546, 212–214 (08 June 2017) doi:10.1038/546212a
Published online 07 June 2017

Oldest Homo sapiens fossil claim rewrites our species' history
Remains from Morocco dated to 315,000 years ago push back our species' origins by 100,000 years — and suggest we didn't evolve only in East Africa.
Ewen Callaway
doi:10.1038/nature.2017.22114

この発見により人類の進化の系統図が書き換えられ、既に絶滅したホモ属の一部が人類の祖先としての候補から除外される可能性もある。

2件の論文は、古代人類5人の頭蓋骨と骨のかけらや、狩猟や食肉処理に使われていた石器に基づくもので、いずれも、現在のマラケシュ(Marrakesh)に近いジェベリルー(Jebel Irhoud)にある先史時代の野営地から見つかった。

ドイツのマックス・プランク進化人類学研究所(Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology)の古人類学者ジャンジャック・ユブラン(Jean-Jacques Hublin)は、「この資料は人類の起源を示すもので、アフリカを含むあらゆる場所で見つかった中で最も古いホモ・サピエンスだ。」と語っている。

これまで最も古いとされてきた19万5000年前の化石は、エチオピアで見つかった。

この発見は、アフリカ東部が進化上の「エデンの園」、つまり、人類がアフリカ内外へと広まった起源の地であるとの説につながった。

研究チームは、新たな発見により、いわゆる「人類のゆりかご」がアフリカ全土に広がっていたことが示されると指摘している。

モロッコで見つかったのと同じ種類の「中石器時代」の石器は、すでにアフリカ各地で見つかっていて、年代もおおむね同じとされているが、これまではホモ属内の別種の人類が作ったと考えられてきた。

だが今回の発見により、すでにアフリカ中に広まっていた現生人類がこれらの石器を作っていた可能性が高まった。

マラケシュ(Marrakesh)に近いジェベリルー(Jebel Irhoud)の緯度、経度
31° 51′ 17.93″ N, 8° 52′ 21.02″ W
または、
31.854981, -8.872506

2016-11-30---猿人ルーシーは、1日の3分の1以上を樹上で過ごした!?
2016-01-11---もし、あなたの先祖が、ネアンデルタールとセックスしていたら---
2015-10-06---ホモ・ナレディの手、足は、地上を歩き、木に登った。
2015-09-10---南アフリカで、新種のヒト属の化石を15体発見!
2015-03-04---ヒト属最古の化石、エチオピアで発見!
2015-01-28---頭蓋骨発見で、初期人間とネアンデルタールの異種セックス交配を示唆。
2015-01-22---320万年前の猿人の手と、現在人の手を比較。道具使えた?
2014-10-19---地球上でのセックスの起源は、正常位(missionary position)ではなかった。
2013-10-17---200万年前に、数人の異なる人類が地球にいたという考えは疑問視された。
2011-09-08---化石研究、ねじれた人間の起源物語。
2011-05-09---人類の起源で、大論争をテレビで放送した2人が再会した。
2011-02-11---320万年前の猿人の化石に土踏まずがあった!
2010-08-12---エチオピアで人類最古の石器使用跡を発掘された動物の骨で確認した。
2010-04-09---親子かもしれない190万年前の新種の猿人化石2体を発見。
2006-09-20---330万年前に生きていた少女。
2006-03-24---エチオピアで、BC50万年〜20万年の頭蓋骨が発見された。
2005-12-14---BC70万年前の人工火打ち石を発見した。
2005-09-01---人間とチンパンジーが同じ環境で共に生息していたことを特定した。
2005-02-17---1967年にエチオピアで発見されたヒト化石は19万5000年と推定。
2004-03-01---「北京原人」がBC60万年から30万年に、火を使っていた。
2003-06-12---エチオピアで発見された人間の骸骨の年代判明した。
2000-11-14---BC40万年にお互いのコミュニケーションを可能にしていた。
2000-01-10---人間の話し言葉がBC20万年頃から始まった。
1997-12-27---エチオピアのダカで、古代人の頭蓋骨を発見した。
1997-06-13---BC40万年に人間とオオカミの骨が同じ場所で見つかった。
1996-12-29---エチオピアでBC13万年に、本当のホモ・サピエンスが登場した。
1996-12-29---BC60万年から25万年に、言語があった。
1996-09-00---BC78万年の人類の化石を発見。
1985-11-00---脳のサイズは、BC12万5,000年と現代人がほぼ同じであった。
1985-11-00---ハッキリ聞き取れる言葉が話せるようになったのは、BC40万年から30万年。
1969-07-17---考古学者リーキー博士のチームが「第2オーモ」を発見した。
1960-09-16---BC50万年〜25万年前の成人男子頭蓋骨「Petralona Man」を発見した。
1944-12-09---最古の骸骨を発見した考古学者リチャード・リーキー博士が生まれた。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告