gaYa広告

2017年06月02日

中国で、エコカー生産の認可続々!

経済未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年06月05日に、発改委(中国国家発展改革委員会/中华人民共和国国家发展和改革委员会)がエコカー生産の認可を加速している。2017年に入り新たに認められたプロジェクトは2017年05月24日までに8件に上り、2016年通年の7件を上回った。業界関係者からは過剰生産を懸念する声も出ていると、2017年06月02日付証券日報(证券日报)が伝えたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

発改委は直近でも、広東省仏山市に本拠を置く新興エコカー・メーカーの広東陸地方舟新能源電動車両のエコカー工場1期の建設や、安徽省合肥市に本拠を置く自動車メーカーの安徽江淮汽車とドイツのVW(Volkswagen/フォルクスワーゲン)によるEV(Electric Vehicle/電気自動車)の合弁生産などを認可した。

全国で工場などの建設が進められているエコカー・プロジェクトは30件余り。今年に入って認可されたプロジェクトや主要メーカーが発表した生産計画に基づくと、2020年のエコカー生産能力は500万台に達し、政府が目標とする200万台を大きく上回る可能性が高い。

全国乗用車聯席会(全国乘用车市场信息联席会)の崔東樹秘書長(崔东树秘书长)は「エコカーは発展段階にあり、参入者の情熱は奨励されるべきだが、門戸を大きく開いても管理は厳しくした方がいい」と指摘した。

政府や研究機関、専門家などからなる中国電動汽車百人会(中国电动汽车百人会)の陳清泰(陈清泰)理事長は「最も懸念されるのは、生産台数を伸ばすことばかりにとらわれ、技術の向上がおろそかになること」と警鐘を鳴らしている。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。