on-the-time.jp

2017年06月03日

500年の本当のニュースは、歴史がどのように新聞において広げられたか?

未来

ArtDailyは、ビデオ「500 years of real news: how history unfolds on paper」を公開した。

私は、新聞という紙メディアに興味を示して、すでに数10年を過ごしてきた。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

手元には、1721年に発行された新聞1年分がある。
このころの新聞は日刊は少なく、週刊で、新聞の大きさも紙代が高いため、新書版程度である。

また、当時の新聞配達は、最新情報配達人として、多くの人が憧れ、尊敬していた。

さらに1840年代にドイツのライプチッヒで発行され始めた木口木版のイラスト新聞を創刊から約30年分持っている。
また、世界で最初のロンドン万博が開催された年の1年分のロンドン・イラスト新聞も持ってる。

この当時、イギリスには新聞税というのがあり、新聞紙に納税済みのスタンプがある。
かなり高給の人しか新聞は読めなかった。

両方の新聞も読み始めると、古いドイツ語や英語で、辞書に出てこない単語がやたらに登場する。

もっとも、私がドイツで学んだ大学で使用していた最重要テキストが、中世文字学の本で、出てくるのが中世ラテン語や中世ドイツ語、中世英語、中世フランス語、中世スペイン語、最悪は中世ギリシャ語だったりしたので、新聞に出てくる古いドイツ語や英語は、それほど気にはならなかった。

また、ウラジーミル・プーチンは、首都モスクワ(Moscow)郊外で旧ソ連のKGB(Komitét Gosudárstvennoi Bezopasnosti/Комите́т госуда́рственной безопа́сности/КГБ/国家保安委員会)在籍時代の上司、ラーザリ・マトベーエフ(Lazar Matveev)をニコライ・トカレル(Nikolai Tokarev)とセルゲイ・ケメゾフ(Sergei Chemezov)と共に訪ね、同氏の90歳の誕生日を祝し、新聞プラウダ(Pravda)のラーザリ・マトベーエフの誕生日の新聞をプレゼントとして持参した。

ウラジーミル・プーチンは、知的である。

2017-05-08---プーチン大統領、90歳になったKGB時代の上司の誕生日を祝す!
2010-04-15---1500年代の新聞がドイツのオークションで4種類登場!

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。