gaYa広告

2017年06月03日

500年の本当のニュースは、歴史がどのように新聞において広げられたか?

未来

ArtDailyは、ビデオ「500 years of real news: how history unfolds on paper」を公開した。

私は、新聞という紙メディアに興味を示して、すでに数10年を過ごしてきた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

手元には、1721年に発行された新聞1年分がある。
このころの新聞は日刊は少なく、週刊で、新聞の大きさも紙代が高いため、新書版程度である。

また、当時の新聞配達は、最新情報配達人として、多くの人が憧れ、尊敬していた。

さらに1840年代にドイツのライプチッヒで発行され始めた木口木版のイラスト新聞を創刊から約30年分持っている。
また、世界で最初のロンドン万博が開催された年の1年分のロンドン・イラスト新聞も持ってる。

この当時、イギリスには新聞税というのがあり、新聞紙に納税済みのスタンプがある。
かなり高給の人しか新聞は読めなかった。

両方の新聞も読み始めると、古いドイツ語や英語で、辞書に出てこない単語がやたらに登場する。

もっとも、私がドイツで学んだ大学で使用していた最重要テキストが、中世文字学の本で、出てくるのが中世ラテン語や中世ドイツ語、中世英語、中世フランス語、中世スペイン語、最悪は中世ギリシャ語だったりしたので、新聞に出てくる古いドイツ語や英語は、それほど気にはならなかった。

また、ウラジーミル・プーチンは、首都モスクワ(Moscow)郊外で旧ソ連のKGB(Komitét Gosudárstvennoi Bezopasnosti/Комите́т госуда́рственной безопа́сности/КГБ/国家保安委員会)在籍時代の上司、ラーザリ・マトベーエフ(Lazar Matveev)をニコライ・トカレル(Nikolai Tokarev)とセルゲイ・ケメゾフ(Sergei Chemezov)と共に訪ね、同氏の90歳の誕生日を祝し、新聞プラウダ(Pravda)のラーザリ・マトベーエフの誕生日の新聞をプレゼントとして持参した。

ウラジーミル・プーチンは、知的である。

2017-05-08---プーチン大統領、90歳になったKGB時代の上司の誕生日を祝す!
2010-04-15---1500年代の新聞がドイツのオークションで4種類登場!

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。