on-the-time.jp

2017年05月31日

ロケットを空中発射させる、世界最大の飛行機登場。

未来

AFPは2017年06月01日に、飛行しながら人工衛星搭載ロケットを空中発射できる巨大航空機が、米国のカリフォルニア(California)州のモハベ砂漠(Mojave Desert)でお披露目された。

2019年にも発射実証試験を行う計画だという。
開発元の米国のストラトローンチ・システムズ(Stratolaunch Systems Corporation)のジーン・フロイド(Jean Floyd)社長が、2017年05月31日にブログで明らかにした。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

約6年前に始まったこのプロジェクトは、米国のマイクロソフト(Microsoft)の共同創業者ポール・アレン(Paul Allen)が支援している。

ジーン・フロイドによれば、今後数週間〜数か月以内にモハベ砂漠の飛行場や宇宙船基地で、燃料系統やエンジンなどを試験する。

ストラトローンチ・システムズによると、このロケット空中発射母機は重さ約226.796トン、全長約72.5m。翼幅(両翼端間の長さ)は約117mで、世界最大の航空機だと同社はうたっている。

でも、これだけでかいと、組み立てるだけでも大変である。

そういえば、ジャンボから小さな気象用ロケットを打ち上げていた。

なんと、LinkedInで3次の知り合いだった。

2014-02-28---世界の最長の航空機は英国で明らかにされた。
2009-12-18---NASAのユニークなジャンボ・ジェット機に搭載された空中望遠鏡。
2009-09-21---スペースシャトルが、ジャンボに乗って生まれ故郷に帰っていった。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。