gaYa広告

2017年05月25日

「Gogoro2」絶好調、3日間で購入予約1,000台突破!

未来観光経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年05月01日に、電動スクーター「Gogoro Smartscooter(ゴゴロ・スマートスクーター)」を手掛けるベンチャー、睿能創意(ゴゴロ)の新モデル「Gogoro2」シリーズの購入予約台数が、受付開始から3日間で1,000台を超えたことが分かったと報告した。

2017年05月31日付経済日報がゴゴロは2017年05月25日に台北市内で「Gogoro2」シリーズを発表した。同日から購入予約の受付を開始した。「3日で1,000台超」は台湾での電動スクーター販売台数で過去最多となると伝えた。ゴゴロは2017年06月末までに1万台の受注目標を掲げており、達成は可能とみている。納車は7月から。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ヒットの理由は価格。「Gogoro2」の本体実質購入価格は桃園市民の場合、3万8,800台湾元(14万4,000円)からで、「Gogoro1」(6万2,000元〜)の半額近くまで引き下げた。

新車価格で見た場合、定格出力125ccの「Gogoro2」は、既に排気量125ccのガソリンエンジンのスクーターより大幅に安い。

さらに通信大手の遠伝電信(Far EasTone Telecommunications/ファーイーストーン・テレコミュニケーションズ)経由で2年契約した場合に限り、本体購入価格が1万9,700元まで安くなる点も、消費者の購入意欲を喚起している。

電動スクーターは例年、夏休み前に販売量が伸びるため、「Gogoro2」は今後、さらなる受注増が見込まれる。

2017-05-18---次世代電動スクーター「Gogoro」、夏からパリでレンタルバイク開始。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト