gaYa広告

2017年05月29日

NTTドコモ「浮遊球体ドローンディスプレイ」のデモ飛行を公開。

未来調査研究

AFPは2017年05月30日に、通信大手NTTドコモ(NTT Docomo)が2017年04月17日に発表した、自社が開発を手掛けた映像が空中を浮かんでいるように見える世界初の「浮遊球体ドローンディスプレイ(spherical drone display)」のデモ飛行ビデオを2017年05月29日に公開した。

ドローン(小型無人機)の飛行中、全方位にLEDの映像を表示する。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ITMedia Newsは2017年04月29日に、「浮遊球体ドローンディスプレイ」は、2017年04月29〜30日に千葉の幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議2017」の「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」にも出展した。

将来は、コンサートやライブなど、イベント会場向けの映像表現ソリューションとして2018年度の商用化を目指していると報告している。

「浮遊球体ドローンディスプレイ」は、全方位に映像を表示しながら飛行できるドローン型ディスプレイで、LEDが搭載された環状のフレームを高速回転させ、光の残像で映像を表示する。

今回開発した「浮遊球体ドローンディスプレイ」は、環状のフレームにLEDを並べたLEDフレームの内部にドローンを備え、LEDフレームを高速に回転させながら飛行する。そして回転するLEDの光の残像でできた球体ディスプレイを、内部のドローンで任意の場所に動かして見せることができる。これにより、コンサートやライブ会場において、空中で動き回る球体ディスプレイによるダイナミックな演出や、会場を飛び回り広告を提示するアドバルーンのような広告媒体としての活用が可能となる。

従来はドローンの回りにディスプレイを配置すると「プロペラによる空気の流れを妨げる」「重量が増加する」といった課題があり、球形ディスプレイを実現することが難しかったという。

光の残像を利用するディスプレイ方法によって、空中での球形ディスプレイを実現した。
ライブ会場を飛び回って広告を表示するような商用利用を見込んでいるという。浮遊球体ドローンディスプレイの直径は約88cm、重さは3.4kgである。ディスプレイは縦(半周)144pixel × 横(全周)136pixelである。

昔、これに似た形で、永久エネルギー3D凧を開発しようとしたが、見事に重さで失敗した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

gaYa広告