2017年05月27日

スリランカ、記録的な大雨、洪水、土砂崩れ!

自然

AFPは、雨期を迎えスリランカ(Sri Lanka/スリランカ民主社会主義共和国/Democratic Socialist Republic of Sri Lanka)では、各地で発生した記録的な大雨に伴う洪水や土砂崩れによる死者が、2017年05月27日までに少なくとも103人に達した。

避難者は23万人に上っている。

2017年05月27日にはインドの医療チームと緊急支援物資がスリランカに到着したが、当局は低平地ではさらなる洪水の可能性があるとして注意を呼び掛けている。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

スリランカのDMC(Disaster Management Center/災害管理センター)によると、洪水と一連の土砂崩れによる死者は少なくとも103人に達し、行方不明者は113人に上っているという。

当局は、雨は弱まったが依然として洪水の危険性があるとして、主要河川2本の下流に暮らす住民に対し、新たに避難命令を出した。

カルナナヤケ外相(Minister Ravi Karunanayake)はCNNの取材に、スリランカ西部と南部における記録的な大雨によるここ14年で最悪の洪水被害への対処を支援するために、インドが支援を申し出て、インドが派遣した、医薬品などを積んだ海軍の船1隻が2017年05月27日に、スリランカの最大都市コロンボ(Colombo)に入港した。

東北大震災では、スリランカから多くの応援があった!日本も医薬品などを支援すべきだろう。

CNNの情報によれば、被災者は13地区で約2万4000人に達した。被害が甚大なのは一部の首都機能を持つ主要都市コロンボから南東へ約100キロのラトゥナプラや、南方へ約40キロ離れたカルタラなど。地滑りが多発したという。

各被災地での被害の全容把握はまだ終わっておらず、犠牲者や行方不明者の詳しい数字はわかっていない。

軍が出動し救援活動を展開している。オーストラリアを公式訪問したシリセナ(Pallewatte Gamaralalage Maithripala Yapa Sirisena/Maithripala Sirisena/මෛත්‍රිපාල සිරිසේන/மைத்திரிபால சிறிசேன/1951 - )大統領は2017年05月26日夜帰国し、被災地への救助活動を協議する緊急会合を開催する。
今回のモンスーンは、同国が過去約2カ月間続いた干ばつの後に到来。世界食糧計画(WFP)は干ばつ被害に伴い、被災者への支援活動に乗り出してもいた。

心配なのは、長期の内戦時に設置された地雷が流れ出し、被害が拡大することである。

飛行場の飛行機も沈んだ!

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。