on-the-time.jp

2017年05月22日

類人猿からの人類の分岐は、アフリカではなく、ヨーロッパで起きた!?

超過去

AFPは2017年05月23日に、500万年前のアフリカで人類は類人猿から枝分かれした。
この長年の定説に疑問を投げかける研究論文が2017年05月22日に発表された。

研究は、分岐がそれよりも早い時期にヨーロッパで起きた可能性があるとしていると報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

ヒトと最も近縁のチンパンジーに共通する最後の祖先が生存していた場所をめぐっては、科学者の間で激しい議論が交わされているが、今回、人類の起源についての新たな仮説が、ギリシャとブルガリアの洞窟で発見された約720万年前の骨の化石を基に立てられた。

今回の研究で、フランス、ドイツ、ブルガリア、ギリシャ、カナダ、オーストラリアの科学者らで構成された研究チームは、化石人類「グラエコピテクス・フレイベルギ(Graecopithecus freybergi)」の標本2体から採取した歯根の分析を行った。

ギリシャで発見された下顎とブルガリアで発見された上顎小臼歯をCT(Computed Tomography/コンピューター断層撮影法)でスキャンしたところ、これらの化石に人類が出現する以前のヒト科生物の特徴を確認することができたという。

さらに、グラエコピテクスをめぐっては、最古の人類(ヒト亜族)とも考えられている「サヘラントロプス(Sahelanthropus)」よりも以前に存在していたことも明らかになった。

サヘラントロプスは、現在のアフリカ・チャドに当たるエリアで600〜700万年前に生存していたと考えられている。

米国のオンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)に掲載された論文によると、ギリシャで発見された化石は724万年前、ブルガリアで発見された化石は717万5000年前とそれぞれ起源を遡るという。

Potential hominin affinities of Graecopithecus from the Late Miocene of Europe
Jochen Fuss,
Nikolai Spassov,
David R. Begun,
Madelaine Böhme
Published: May 22, 2017

共同執筆者でカナダ・トロント大学(University of Toronto)古人類学者のデービッド・ビガン(David Begun)は、「この年代から、ヒトとチンパンジーの分岐が地中海エリアで生じたと考えることができる。」と語った。

共同執筆者で、ドイツのテュービンゲン大学(University of Tubingen)人類進化のマレーン・ベーメ(Madelaine Böhme)教授は、類人猿からの分岐の背景には環境の変化があった可能性が高いとし、700万年以上前に形成された北アフリカの砂漠や南欧のサバンナ化が、ヒトとチンパンジーとの分岐において中心的役割を果たした可能性があると説明している。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。