gaYa広告

2017年05月23日

日立、メインフレームのハード開発から撤退。

未来

日本経済新聞 電子版は、日立製作所はメインフレームのハードウェア開発から撤退すると発表したと報告した。

今後のメインフレームのハードウェアは米国のIBMから供給を受ける。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

IBM製のハードに日立のメインフレーム向け基本ソフト(OS)を搭載したメインフレーム製品の提供を2018年度内に始める。

メインフレームはメガバンクや企業、行政機関などの基幹業務システムに広く採用されていたが、近年はパソコンサーバーによるオープンシステムの台頭により市場規模が縮小している。

1990年代半ばに1兆円規模だったメインフレームの国内出荷金額は2015年度には400億円前後まで9600億円も減っている。

日立は事業の選択と集中に向けて、ハード開発からの撤退を決めた。

現在もメイン フレームを製造・販売しているメーカーは、IBM、富士通、日立製作所、日本電気、 ユニシス、Bullである。

ただ既存システムの安定稼働を重視する企業を中心にメインフレームの需要は根強い。既存システムのソフトウエア資産の活用を支援するため、メインフレーム向けOSやミドルウエアソフトの開発は今後も継続すると伝えている。

世界のスーパーコンピュータの性能を競うランキング「TOP500」が空洞化し始めた。

日本では、馬鹿な過去の科学者のノーベル賞受賞者が、1円入札というテロ企業がスーパーコンピュータを開発するので、税金から金を出すように、脱税をしていた総理に談判したこともあった。

少し考えれば、IBM製のハードに独自のメインフレーム向け基本ソフト(OS)を搭載した方が、いいに決まっている。
私はそれに、30年以上前に気がついた。

その方が、IBM製のハード開発にも役立つ。
私は、スーパーコンピューターがいらないとは言わないが、30年のスーパーコンピュータは、スマホに負ける。
もしやるならスマホのソーシャル並列処理を考えるべきだろう。

日立製作所は、ノーベル賞委員会より頭がいいし、決断力もある。

2016-06-20---100%中国製スパコンが、初の世界最速と認定。
2014-11-25---太陽でループする磁場のスーパーコンピュータ・シミュレーション。
2014-11-19---イギリスは公の寄付で、月面着陸資金が提供された。
2014-04-07---IBMのメインフレームが、50周年記念を祝っている。
2013-10-07---ノーベル賞受賞者、さまざまな賞金の使い方。
2011-10-27---中国が山東省で、国家スパコン・センターを設立!
2009-11-24---スーパーコンピュータの開発時代は終わった!

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告