2017年05月19日

石垣島で、旧石器時代の人骨19人分を確認。

超過去

毎日新聞は、沖縄県立埋蔵文化財センター(西原町)は2017年05月19日に日、沖縄県石垣島の白保竿根田原(しらほさおねたばる)洞穴遺跡の5年間(2012〜16年)の発掘調査で、旧石器時代の人骨を1000点超、少なくとも19人分確認したと発表したと報告した。

出土量は世界最大級で、国内最古の全身骨格の人骨もあった。
沖縄県立埋蔵文化財センターは洞穴を墓にして風葬のように葬ったと判断した。

旧石器時代の人骨の葬送と墓域が分かるのは初で、国内最古とみられる。

日本の墓制の起源や当時の葬送概念を考える上で重要な成果となる伝えている。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

大和ではなく、蝦夷でもなく、沖縄に最古の日本人の先祖がいた。
日本人は、やっぱり海遊民族であった。

サーファーは、日本人の最古のDNAを受け継いだのかもしれない。

周囲を見回すと、縄文人の顔が見つかる。

人骨の年代は2万7000〜1万8000年前で、全身骨格がそろった人骨は2体分あり、うち1体の年代は2万7000年前で頭蓋骨(ずがいこつ)を含めて国内最古となる。

高齢の成人男性で身長は165cm。これまで旧石器時代の全身骨格は、沖縄本島の港川フィッシャー遺跡(2万2000年前)でしか見つかっていない。

この人骨は洞穴内の岩陰にあり、遺体はあおむけのまま、ひざは胸まで、ひじは両手が顔に近づくまで折り曲げていた姿勢と分かった。

ほかの人骨も岩陰で見つかった。沖縄県立埋蔵文化財センターは、屈葬の形で岩陰に置いて葬り続けたとみている。人骨は沖縄県立埋蔵文化財センターで2017年05月28日まで展示される。

白保竿根田原洞穴遺跡では、2010年8月〜11月までの4ヶ月間にわたって緊急発掘調査が実施された。
面積は調査区Ⅰ(遺跡本体)が約60㎡、調査区Ⅱ(洞穴内部)が約160㎡である。
事業の実施にあたっては、白保竿根田原洞穴総合調査委員会を設置し、慎重かつ適切な調査を進めた。
発掘調査の結果、本遺跡は旧石器時代(後期更新世)、完新世初頭(約9,500BP)、下田原期〜無土器期、原史時代(グスク時代相当)にわたって人類によって利用された洞穴遺跡であることがわかった。
これまで、八重山諸島最古の人類文化は約4,000年前の下田原期であったが、約2万年前の旧石器時代から人類が生息していたことが明らかとなり、約9,500年前の完新世初頭においても人類活動の痕跡が確認され、八重山諸島は沖縄諸島同様の古い歴史文化を有する島であることがわかった。

また、下田原期においては、遺跡の存在は知られているにもかかわらず、それを担った人類の骨そのものが未発見という長い課題を抱えていたが、複数体分の人骨が葬られた崖葬墓が確認され、課題の一端が解決された。
その他、各包含層から微小な遺物を回収するために実施したフローテーションによって、豊富な脊椎動物遺体が回収され、人類活動とそれにかかわる古環境、古生物等の復元が可能となった。

白保竿根田原洞穴遺跡の緯度、経度
沖縄県中頭郡西原町字上原193-7
24°24'01.5"N 124°14'45.8"E

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。