on-the-time.jp

2017年05月17日

原子力規制委員会、日本原燃のサイクル施設でウラン濃縮工場を正式合格。

未来

日本経済新聞 電子版は、原子力規制委員会は2017年05月17日に、青森県六ケ所村にある日本原燃のウラン濃縮工場について、新規制基準に基づく安全審査に合格したとする「審査書」の発行を正式決定したと報告した。

使用済み核燃料を再利用する核燃料サイクルの原燃の施設で、初めて合格した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

日本原燃のウラン濃縮工場は、2016年09月に審査をほぼ終えていたが、その後、安全確認作業で品質保証の責任者による虚偽申告の疑いが判明し、合格まで時間がかかっていた。

原燃の核燃料サイクル施設は、再処理工場など主要な施設も安全審査の議論をほぼ終えていると伝えている。

青森県六ケ所村にある日本原燃のウラン濃縮工場の緯度、経度
〒039-3212 青森県上北郡六ヶ所村尾駮沖付4−108
+81 175-71-2000
40°57'22.5"N 141°19'31.2"E

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。