2017年05月13日

エジプト中部で「前代未聞」の地下墓地からミイラ17体見つかる。

超過去

AFPは2017年05月14日に、エジプト中部ミニア(Minya)県の砂漠地帯で地下墓地からミイラ17体が見つかったと、エジプト考古省が2017年05月13日に発表した。

首都カイロ(Cairo)南方の同地では「前代未聞」の発見だという。

考古省の発表によると、ミニア県トゥーナ・エル・ゲベル(Tuna el-Gebel)地域で、エジプトの考古学チームが地下墓地内の通路を奥へと進んでいったところ、複数の回廊に横たえられていたミイラ、計17体を発見したと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

これらのミイラは王家のものではないという。この他に金板1枚、古代エジプトのヒエラティ(Hieratic)の一種で、ギリシャ語から影響を受けた民衆文字「デモティック(Demotic)」で書かれたパピルス2枚、石灰岩や粘土製の石棺が多数に動物や鳥のひつぎなども見つかっている。

ただし、王家の動物や鳥のひつぎと王家のものではない場合では、丁寧さが全く異なる。

「デモティック」文字は、ヒエログラフィ(Hieroglyph)とコプト文字(Coptic)の中間であるヒエラティの一種であることから、かなり限定した場所で、限定期間使われた文字であることから、かなり正確に年代が特定できる。

私の場合は、エジプト学ではなく、文字学なので非常に興味深い。

ミイラの年代はまだ特定できていないが、考古省は、アレクサンダー大王(Alexander the Great)に征服される紀元前332年までのエジプト王朝末期の300年間に属するものとしている。また、同省報道官がAFPに語ったところによると、アレクサンダー大王の部将だったプトレマイオス(Ptolemy)が後継として築いたプトレマイオス朝(Ptolemaic Dynasty)のものである可能性もあるという。

エジプト当局者らは、同地で王家に属さない民間人のミイラが見つかったのは今回が初めであり、発見は前代未聞だと評した。

エジプトの専門家も、発掘現場近くで開かれた記者会見で「これほど多くのミイラが埋葬された共同墓地が発見されたのは、エジプト中部では初めてだ」と述べ、同地では今後も多くのミイラがみつかる可能性があると付け加えた。

エジプトでは2017年04月にも南部ルクソール(Luxor)で3500年前の墓から王族のミイラ8体が見つかっている。

ミニア県トゥーナ・エル・ゲベル(Tuna el-Gebel)の緯度、経度
27°44'18.0"N 30°42'16.0"E
または、
27.738333, 30.704444

2017-05-03---エジプトで、約4000年前の花壇とみられる遺跡を発見!
2017-04-18---古代裁判官の墓から10の棺、ミイラ5体。副葬品1000点発掘。
2017-03-10---3千年前のファラオ像2体、カイロのスラムで発掘。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。