gaYa広告

2017年05月09日

初期ヒト属「ホモ・ナレディ」 と現生人類「ホモ・サピエンス」が共存!?

超過去

AFPは2017年05月10日に、初期ヒト属「ホモ・ナレディ」と現生人類「ホモ・サピエンス」は、同時期にアフリカで共存していた可能性があるとする最新の研究結果が2017年05月09日に、発表されたと報告した。

これは、人類進化の理解を変える可能性のある成果だという。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

南アフリカにあるライジング・スター(Rising Star)洞窟の奥深くで2013年に発見された化石については、複数の専門家チームが実施した年代測定で「ホモ・ナレディ(Homo naledi)」と呼ばれる初期ヒト属の生存時期が、現生人類ホモ・サピエンス(Homo sapiens)と重なっていた可能性があることを示唆する結果が得られている。

「ホモ・ナレディ」の化石をめぐってはこれまで、数百万年前のものと考えられていた。

南アフリカとオーストラリアを含む世界各地の研究機関の科学者20人からなる研究チームは今回、この化石の年代を定めた。

結果、「ホモ・ナレディ」が現生人類「ホモ・サピエンス」と同時期に共存していた可能性があることを示唆するものとなった。研究結果は2017年05月09日に、科学誌「eLife」に掲載された3件の論文で発表された。

Homo naledi and Pleistocene hominin evolution in subequatorial Africa
A late Middle Pleistocene age for Homo naledi demonstrates a diversity of hominin species in Africa at this critical time in the archaeological record.
Lee R Berger
John Hawks
Paul HGM Dirks
Marina Elliott
Eric M Roberts
DOI: 10.7554/eLife.24234
Published on May 9, 2017

The age of Homo naledi and associated sediments in the Rising Star Cave, South Africa
Independent dating techniques have established that the H. naledi fossils are between 236 and 335 thousand years old, indicating that small-brained hominins with relatively primitive body shapes co-existed with our early ancestors in Africa.
Paul HGM Dirks
Eric M Roberts
Hannah Hilbert-Wolf
Jan D Kramers
John Hawks
Anthony Dosseto
Mathieu Duval
Marina Elliott
Mary Evans
Rainer Grün
John Hellstrom
Andy IR Herries
Renaud Joannes-Boyau
Tebogo V Makhubela
Christa J Placzek
Jessie Robbins
Carl Spandler
Jelle Wiersma
Jon Woodhead
Lee R Berger
DOI: 10.7554/eLife.24231
Published on May 9, 2017

New fossil remains of Homo naledi from the Lesedi Chamber, South Africa
The discovery of new skeletal remains of Homo naledi in the Lesedi Chamber, South Africa, adds more evidence to our understanding of the morphology and behavior of this recently discovered species.
John Hawks
Marina Elliott
Peter Schmid
Steven E Churchill
Darryl J de Ruiter
Eric M Roberts
Hannah Hilbert-Wolf
Heather M Garvin
Scott A Williams
Lucas K Delezene
Elen M Feuerriegel
Patrick Randolph-Quinney
Tracy L Kivell
Myra F Laird
Gaokgatlhe Tawane
Jeremy M DeSilva
Shara E Bailey
Juliet K Brophy
Marc R Meyer
Matthew M Skinner
Matthew W Tocheri
Caroline VanSickle
Christopher S Walker
Timothy L Campbell
Brian Kuhn
Ashley Kruger
Steven Tucker
Alia Gurtov
Nompumelelo Hlophe
Rick Hunter
Hannah Morris
Becca Peixotto
Maropeng Ramalepa
Dirk van Rooyen
Mathabela Tsikoane
Pedro Boshoff
Paul HGM Dirks
Lee R Berger
DOI: 10.7554/eLife.24232
Published on May 9, 2017

今回の研究の焦点となっているのは、到達することすら難しいとされるライジング・スター洞窟。

ヨハネスブルク(Johannesburg)の北西50kmにある遺跡群「人類のゆりかご(Cradle of Humankind)」の一部である。

国連の文化的機関ユネスコ(UNESCO/United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization/国際連合教育科学文化機関)の世界遺産(World Heritage)にも登録されているこの遺跡群からは、これまでに数多くの考古学的遺物が出土している。

研究プロジェクトを率いる南アフリカのウィトウォーターズランド大学(University of the Witwatersrand)の研究者のリー・バーガー(Lee Berger)は「ホモ・ナレディの年代に関しては多くの臆測がなされてきた。骨格を調べた全ての研究者らは、数百万年のものと考えられることを示唆している。」と話し、この脳の小さなヒト科動物種がホモ・サピエンスと実際に遭遇していた可能性についても指摘した。

 今回の研究では、6種類の独立した分析手法を用いて「ホモ・ナレディ」の化石の正確な年代を決定。その年代を23万6000年から33万5000年の間と推定した。これは現生人類が行動を始めた時期の初期に当たると、リー・バーガーは説明する。

他方で、米国のウィスコンシン大学(University of Wisconsin)の研究者であるジョン・ホークス(John Hawks)は、今回の化石とは別に、完全な状態の頭蓋骨を含む新たな「ホモ・ナレディ」の化石が他の2つの洞窟で見つかったことを明らかにし、「他のどの一般的な種とも大きく異なる身体構造上の傾向が認められることが確認できた。」としている。

ジョン・ホークスは、「人類とその近縁種、そしてホモ・ナレディなどの人類の遠縁の種が150万〜200万年の間、人類進化史全体の大半にわたって、アフリカ南部のこの場所で暮らしていた。人類の進化は、その時代にわたって互いに共存していた多様なヒト属系統の中で起きた」と記者団に語った。

そして「このことは、現生人類が他のヒト科動物種との共存下で発生したことを意味している。現生人類の起源の重要な時期と考えられてきた時代に、アフリカのこれらの環境では、多様なヒト科動物種が存在したことをだ」と続けて説明した。

今回のプロジェクトに参加したオーストラリアのジェームズクック大学(James Cook University)のポール・ダークス(Paul Dirks)教授は、人類の進化史が単純で順次的な歴史よりもはるかに複雑であることを、最新の研究結果は示していると述べる。

ポール・ダークス教授は、「人類の系統樹には多くの異なる分岐があり、地上に唯一の現存種しかいなくなったのは、ほんのつい最近のこと。今回の化石の最新の年代測定結果は、『ホモ・ナレディ』と『ホモ・サピエンス』との間に起きたであろう多岐にわたる行動について可能性を開くものだ」と指摘した。

リー・バーガーも、「この結果は、考古学に計り知れない影響を及ぼすに違いない。(これは)人類の進化で起きたことに現在欠落している極めて重要な部分だ」と話し、今回の発見を「われわれにとってのロゼッタ・ストーン(Rosetta Stone)」と表現した。

最近に発見された化石についても年代測定作業がすでに始まっているという。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。