gaYa広告

1908年09月13日

夏目漱石が飼っていた『吾輩は猫である』の主人公のモデルとなった猫が死亡。

人物

『吾輩は猫である』は、夏目漱石の長編小説であり、処女小説である。

1905年1月、『ホトトギス』に発表され、好評であったため、翌1906年8月まで継続した。

主人公「吾輩」のモデルは、夏目漱石37歳の年に夏目家に迷い込んで住み着いた、野良の黒猫で、1908年9月13日に猫が死亡した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

そのとき、夏目漱石は親しい人達に猫の死亡通知を出した。

また、猫の墓を立て、書斎裏の桜の樹の下に埋めた。

小さな墓標の裏に「この下に稲妻起る宵あらん」と安らかに眠ることを願った一句を添えた後、猫が亡くなる直前の様子を「猫の墓」という随筆に書き記している。「猫の墓」という随筆は『永日小品』所収されている。

毎年9月13日は「猫の命日」である。

『猫』が執筆された文京区千駄木にあった当時の漱石邸は。現在は愛知県犬山市の野外博物館明治村に移築されていて、公開されている。近くには森鴎外邸も移築された。

東京都新宿区弁天町の漱石山房跡地漱石公園には「猫塚」がある。これは、後年復元したものだという。

東京都新宿区弁天町の漱石山房跡地漱石公園の緯度、経度
35°42'14.7"N 139°43'32.5"E

愛知県犬山市の野外博物館明治村の夏目漱石宅の緯度、経度
35°20'25.2"N 136°59'26.2"E

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。