on-the-time.jp

2017年05月03日

エジプトで、約4000年前の花壇とみられる遺跡を発見!

超過去自然

毎日新聞は2017年05月05日に、エジプト南部ルクソール(Luxor)近郊の古代都市テーベの埋葬地で、約4000年前の花壇とみられる遺跡が見つかったと、エジプトのメディアが2017年05月03日伝えたと報告した。

内部が整然と正方形の区画に仕切られ、花や植物が植えられていたと推測されている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

発掘したスペインの考古学調査チームは「古代のガーデニング」の様子に光を当てる発見と話している。

遺跡は縦3m、横2m。内部は30cm四方の区画が壁で仕切られており、当時のものと推測される小さな木の根や幹も遺跡の一部から見つかった。

紀元前2000年ごろの古代エジプト中王国時代の埋葬地で発見され、植えられた花が「葬儀の際に何らかの役割を果たした」とみられると、スペインの考古学調査チームはいう。

死後の世界が信じられていた古代エジプトでは、死者は死後の生活を楽しむため、生前に好きだった物と共に埋葬される習慣があったとされる。

以前からヒエログラフで書かれた中に、不思議な図があり、何かと考えられてきたが、今回同じような形の遺跡が見つかり、それが「古代のガーデニング」であったことが明らかになった。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告