2017年04月27日

イギリスの発明家、空飛ぶ「アイアンマン」スーツを公開!

未来

AFPは2017年04月28日に、米国のコミック「アイアンマン(Iron Man)」のような「空飛ぶスーツ」が2017年04月27日に、カナダ・バンクーバー(Vancouver)のバンクーバー・ハーバー(Vancouver Harbor)で公開されたと報告している。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

さまざまな分野のリーダーの講演をオンライン配信している米国の非営利団体TEDが主催する国際会議「TEDカンファレンス(TED Conference)」の出席者たちを驚かせたのは、イギリスの発明家リチャード・ブラウニング(Richard Browning)で、腕と背中の部分にジェットエンジンが装着されたスーツを着て、短い距離をホバリングしたり、円を描いて飛んだりして、見ていた人を魅了した。

リチャード・ブラウニングはこれまで自分の手足に、さまざまなミニチュアエンジンを装着して実験を行ってきた。
地面に墜落したことも何度かある。
「すべての工程が試行錯誤。そしてそこから学んでいる」とリチャード・ブラウニングは語った。

リチャード・ブラウニングの夢はいつの日か空飛ぶスーツでビーチから飛び立ち、岸沿いに上昇した後、空中で待っているヘリコプターに乗り込んで空の旅を続けることだという。

火傷をしそうである。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告