on-the-time.jp

2017年04月19日

2億4800万年前の足跡の化石を発見。

超過去

AFPは2017年04月21日に、スペインのピレネー山脈(Pyrenees)で、約2億4700万〜2億4800万年前の化石化した足跡を発見したとの研究報告が発表されたと報告した。

これまで知られていなかった新種の爬虫(はちゅう)類が残したものと考えられると伝えている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

スペインのバルセロナ自治大学(Autonomous University of Barcelona)とカタルーニャ古生物学研究所(Catalan Institute of Palaeontology)の研究チームの声明によると、この足跡は、ワニや恐竜の祖先に当たる主竜形類として知られる分類群の古代爬虫類が残した一連の移動痕の中から発見されたという。

研究チームは、米国オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)に発表した論文の中で、新種爬虫類を「Prorotodactylus mesaxonichnus」と命名した。この爬虫類は全長が約1.5mで、外見はワニに似ているが、より幅の広い足を持っている。

An archosauromorph dominated ichnoassemblage in fluvial settings from the late Early Triassic of the Catalan Pyrenees (NE Iberian Peninsula)
Eudald Mujal,
Josep Fortuny,
Arnau Bolet,
Oriol Oms,
José Ángel López
Published: April 19, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174693

足跡はフランスとの国境に位置するスペイン北東部のピレネー山脈で発見された。研究チームによると歩行に四肢をすべて使用する動物によって残されたもので、歩行の際には尾の跡も地面に残される場合が多いことが、足跡化石から示唆されるという。

研究チームは、古代のピレネーにあった河床では主竜形類が優勢を占めていたと考えている。

チームは現在、足跡を残した生物の化石化した骨の探索を行っているという。

当時、地球は今日とかなり異なっていた。現在の各大陸は一つの超大陸パンゲア(Pangaea)を形成しており、地球は陸と海の生物を壊滅させ、生物種の約90%が姿を消した約2億5200万年前の大量絶滅から回復しつつあった報告している。

私は昔、この地域を列車で通過したことがあ李、その時にあらゆる地層を観測できるので驚いたことがあり、いつか多くの発見があるだろうと考えていた。

一度、バルセロナ大学の学生に、それについて話したことがあった。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。