on-the-time.jp

2017年04月18日

2067年に残ってるのは、Facebook、Google、Apple、Microsoft、Amazon?

未来

ジョン・マテラーロ(John Martellaro)はMacObserverで、2010年1月から6月までの「未来年表」と2010年7月から12月までの「未来年表」で大恥をかいたにもかかわらず、BBC Newsが2011年01月18日に放送した「Can Apple Prosper Without Steve Jobs?(アップルはスティーブ・ジョブスなしで繁栄できますか?)」と言う番組に、ジョン・マテーロ(John Martellaro)が登場し、未来を話して、大恥の上塗りをしたが、またまたジョン・マテラーロのアップル2012年予測!を公開し、泥沼に落ち込んだ!そこで今度は、アップルごますり未来予測を公開している。

それでも懲りないジョン・マテラーロは、予測不能な未来として、Macの30年後まで書いてしまった。

もう懲りただろうと思っていたが、今度はさらにその先、2067年の予測を占い師とともに予測した。

どうも、ジョン・マテラーロのファンは、騙されることでの快感を楽しんでいることだろう。

ところで、ジョン・マテラーロは2067年まで生きている気なのだろうか?

50年後に、私は完全に死んでいる!

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

5人のテク巨人、Facebook、Google、Apple、Microsoft、Amazon。
FGAMA。
それらすべてがりっぱにやっている。

しかし、もしそれが50年後にどうなっているかを予測する必要があったならば?

ジョン・マテラーロ!誰も望んでいない!
必要を感じているのは、ジョン・マテラーロの脳の隅にあるだけである。

ジョン・マテラーロがこれについて考えさせたものは、ジェフ・ガメット(Jeff Gamet)の記事「Woz Says Apple Will Still be Here in 2075.」であったと言っている。

ジョン・マテラーロは、より興味深い問題があると思った。

5大テク巨人、Facebook、Google、Apple、Microsoft、Amazonが与えられる。そして、それは、まわりに50年後にないちょうど1つの会社に穴をあける必要があったか?

ところで、ジョン・マテラーロは、このグループ「FGAMA」の発音を「エフガンマ(Fγ/eff’-gamma)」と呼ぶことにした。

レターを手配するための他の方法があるけれども、ジョン・マテラーロは、そのストリングが好きであった。
なぜなら、それは物凄く光学式で、そんなに技術的で聞こえるからであった。

メトリックス(Metrics/測定基準)。
もちろん、誰も50年後どころか未来を見ることができない。

しかし、それをおおよその推測を導くかもしれないいくつかの基本的なアイデアを公式化することができる。

例えば、長い間の時間の間会社が残存するように、しなければならない。

1.極端に正しい位置に置かれる顧客でありなさい。

2.中心的な価値として顧客プライバシー、セキュリティ、および安全を生みなさい。

3.スタントとしてでなく、前に築かれたことがあるものの連続として、内部のインフラストラクチャーおよび次にやって来るすごいことを可能にする栽培を発展させなさい。

4.シリコンをデザインして、加工品に仕上げる際に、専門専門知識を持ちなさい。

5.長い期間の間、最もよい才能を引き付けなさい。

6.急速な反応を成し遂げるために、権限を正しい責任ではなく、経営陣に委任することによって最大の成長に対処することができてください。

7.不都合な天候、短期の経済挑戦に会社が許す現金資源を持ちなさい。

8.インターネット・テクノロジー、社会的な力、および急速に変更するミームに反応することができなさい。

9.ドラマチックな方法として、地域的に失敗しないように、絶えず変化する世界で政治的および経済状況について極めて抜け目なくなりなさい。

これは、思考を刺激するのに良いリストのように思われる。

マトリックス(The Matrix)。
今や、それは、行列を単に構成し、個々の会社についてボックスをチェックすることで誘惑できる。

そして、チェックされたボックスの不足によって敗者を宣言しなさい。

ジョン・マテラーロは、、個々のチェックされたボックスの主体の性質のためそれが悪いアイデアであると思う。

代わりに、ジョン・マテラーロは、上記のアイテムおおよそのガイドラインを使うために、より一般的で、思索的、および長い間用語アプローチを行う。

それらはジョン・マテラーロの個人的なタロットカードカードである。

第一に、上記のメトリックスで、ジョン・マテラーロに基づき、Amazon、Apple、Microsoftを、免除されているクラスに置く。

消費者製品を築くか、または配達するそれらの能力は、それらを、進歩と長寿によく適している。

それぞれがAIに重く投資し、それぞれは、それが商業用のスペースへの推移およびエンジニアリング経験でロボットのようなものを作ることができたように見える。

結論
私のために、Googleと呼ばれるアルファベット部門とFacebookが厄介である。

個々の会社はそれ自身の砂箱のようなインターネットで、次世代のAOLのようになる。

何の代金も払われない。

従って、それらのプライバシーについての尊重、および製品の遺産を築くことについての尊重なしで、何も本当の価値を持たず、会社の価値は、人々についての情報を利用することから引き出される。

それは、容易に混乱するかもしれないビジネス・モデルである。

例えば、もし量子暗号が広く商業化される必要があるなら、AppleやMicrosoftは、ネットワークと通信インフラストラクチャーを、インターネットのハードウェアを一つの巨大で、安全なVPNにする場所に入れることができるだろう。

商品、サービス、および金融のトランザクションは、切り刻むことに免疫があるかもしれない。または、追跡およびFacebookのビジネス・モデルの基礎は、崩壊をもたらすかもしれない。

次に、ジョン・マテラーロは、それらの顧客へのサービスにおいて深く、広いハードウェアテクノロジーがGoogleとFacebookにより開発されるのを予測できない。

GoogleのためにたいていGoogle Book Searchまたは、oogle Glassのように、水遊びをして、最終の墓地に捨てられる。

両方の会社のために、ふけるか、または無知な幸福に満ちあふれた保持顧客において、すべては、物方法を保持することにそれらは依存しそうである。

それは、インターネット進歩のテクノロジーとして依存する時のために安全な何かにはならない。

もし私が推測する必要があるなら、ジョン・マテラーロは、長時間上の文化とテクノロジーを変更することによって、Facebookが分裂することが、最もありそうであると言えるであろう。

Facebookの訴えは、誰もが、彼ら自身で建設された宇宙の星になりたいということである。

それは、たぶん、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)がVRによって魅惑される理由である。

ジョン・マテラーロは、具体的で、制限されたテクノロジーでそれを短期の魅惑と考える。

しかし、テクノロジーが発展し、それのため、人間が幼年期の端に到着することができると、太陽系に転出し、AI仲間とかみ合う。

地球で、Facebookライフのわびしさが置いていかれる。

人々が想像し、通信し、分担するためのより安全で、直接的な方法がある。

Amazon、Apple、Microsoftおよび、まだ想像されたことがない会社は、その未来を築く。

私が想像するのとは、全く違った結論になった。

もっともごますりジョン・マテラーロは、前提としてAppleが消えると言えない立場である。

2017-04-17---Amazon.comのベゾス、バフェットを抜き。世界富豪2位に!
2014-01-24---Macの後、次の30年のコンピューティング。
2011-12-21---2012年は、強いアップル・プロダクト年と予測!
2011-12-13--またまた、ジョン・マテラーロのアップル2012年予測!
2011-01-19---ジョン・マテーロがBBCで、アップルの未来について話した!
2009-12-18---Apple関連、2010年7月から12月までの「未来年表」。
2009-12-17---Apple関連、2010年1月から6月までの「未来年表」。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告