on-the-time.jp

2017年04月17日

Amazon.comのベゾス、バフェットを抜き。世界富豪2位に!

経済人物

日本経済新聞 電子版は2017年04月18日に、米国のAmazon.com(アマゾン・ドット・コム)の創業者兼最高経営責任者(CEO)であるジェフ・ベゾス(Jeffrey Preston Bezos/1964 - )が世界富豪ランキングで2位に浮上した。著名投資家のウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett/1930 - )を抜き、米国のマイクロソフト(Microsoft)の創業者のビル・ゲイツ(William Henry "Bill" Gates III、1955 - )から首位の座を奪い取る可能性も出てきた。EC(electronic commerce/電子商取引)による成長でAmazon.com株が1年前に比べて4割超上昇したことが寄与している。富豪としてのベゾスの台頭は世界の産業構造の変化を映し出していると分析している。

米国の新聞「ブルームバーグ(Bloomberg)」による「Bloomberg Billionaires Index」と、ベゾスの2017年04月17日時点の資産額はUS$777億(約8兆4700億円)で、2017年03月末にもバフェットを抜いて2位になったとみられる。バフェットは2016年末時点では2位だったが、足元の資産額はスペインの衣料品店「ZARA」創業者のアマンシオ・オルテガ(Amancio Ortega Gaona/1936 - )を下回っており、4位に順位を落としている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

米国の新聞「ブルームバーグ(Bloomberg)」の「Bloomberg Billionaires Index」によると、ベゾスの2017年04月17日時点の資産額はUS$777億(約8兆4700億円)で、2017年03月末にもバフェットを抜いて2位になったとみられる。バフェットは2016年末時点では2位だったが、足元の資産額はスペインの衣料品店「ZARA」創業者のアマンシオ・オルテガ(Amancio Ortega Gaona/1936 - )を下回っており、4位に順位を落としている。

ベゾスは2016年もバフェットを抜いたこともあるが、株式市場の変動でバフェットの資産額が一時的に下落した要因が大きかった。

足元ではAmazon.com株の上昇などでベゾスの資産額は急速に拡大しており、順位の交代は恒常的なものであった。ちなみに、ベゾスの資産額は米国の137万世帯分、米国の国内総生産(GDP)の0.43%に相当するという。

2017年04月17日時点でトップのビル・ゲイツの資産額との差はUS$87億(約9500億円)に縮まっている。ベゾスは過去1年間で資産額をUS$124億増やしており、ビル・ゲイツのUS$40億を大きく上回る。Amazon.comの高成長が続き、両者の増加額が同じ基調で推移すると仮定すると、あと1年程度で順位が入れ替わる可能性も出てきた。

もう、ビル・ゲイツの時代ではないだろう。

2017年04月17日時点の富豪ランキング5位は米国のFacebook(フェイスブック)創業者兼CEOのマーク・ザッカーバーグ(Mark Elliot Zuckerberg/1984 - )。

日本人トップはファーストリテイリングの柳井正会長兼社長の51位で資産額はUS$168億(1兆8300億円)。ソフトバンクグループの孫正義社長も89位に入っており、資産額はUS$126億(約1兆3700億円)となっている。
国・地域別ではアリババの馬雲(ジャック・マー/1964 - )会長が15位に入るなど中国人の躍進が目立つ。

ここで注意すべきは、マーク・ザッカーバーグ、ウォーレン・バフェットはあくまでもアクセス数や株式による虚構財産だが、Amazon.comのジェフ・ベゾスとアリババの馬雲、衣料品店「ZARA」のアマンシオ・オルテガは小売り実売で上げた実利で、揺れが少ない。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。