gaYa広告

2017年04月11日

フランスの考古学者は、大きなGallo-Romanモザイクを発掘。

超過去調査研究教育

ArtDailyは2017年04月13日に、フランスの考古学者は2017年04月11日に、南フランスのウゼス(Uzès)で60m平方もり、保存状態が極めて良い紀元1世紀頃のガロ-ロマンス・モザイク(Gallo-Roman mosaic)を発掘したと報告した。

州の博物館デュラック・オキタニィ(Drac Occitanie)の元で、古代から中世の町ウゼスを発掘していた。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

最近、考古学者は、2棟の古代建物の一部で、ある大きいモザイクを掘り出した。

オキタニィ州ジッドとギネマー高校(Gide and Guynemer high schools by the Occitanie region)は、ウセティアのローマの町(Roman city of Ucetia)の発掘は初めてであった。

現在このローマの都市は、少しモザイク破片の早い発見物と同様に、ニームの地理の銘に含められている地名ウセティアだけが知られていた。

現在の4,000m平方の発掘により、紀元前1世紀から、7世紀の終わりの共和時代と言われたときまでを明らかにした。

考古学者は最近大きい壁を発掘し、ローマによる征服のすぐ前の構造を明らかにした。

南フランスのウゼス(Uzès)の緯度、経度
44°00'48.0"N 4°25'14.0"E

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。