on-the-time.jp

2017年04月06日

Facebook、AIアシスタント「M」の提供開始!

言語未来教育調査モバイル・マネー

AFPは2017年04月07日に、ソーシャルメディアのFacebookは2017年04月06日に、AI(Artificial intelligence/人工知能)技術を応用したパーソナルアシスタント「M」のサービス提供を開始した。

「M」は、テキストメッセージApp「メッセンジャー(Messenger)」内で使用でき、Appを開くとチャット画面にMが現れて「有益な行動」を提案してくれる。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

競合するGoogle、Amazon.com、Microsoft、アップルに続いてFacebookもパーソナル・アシスタントの分野に本格参入した。

韓国サムスン電子(Samsung Electronics)も最新のスマートフォン機種にパーソナル・アシスタント機能を搭載している。

Facebookクのプロダクトマネジャーであるローラン・ランドフスキ(Laurent Landowski)トケメル・エル・モージャヒッド(Kemal El Moujahid)らがブログで説明したところによると、人工知能を用いた「M」は「会話を管理したり、物事を処理したりするのに役立つ行動を提案する」という。

ユーザーは「M」を使って、友人への送金や位置情報の共有、配車の手配などが簡単にできるようになる。

独自の人口知能研究施設を持つFacebookは、2015年に「M」を発表し、実証実験を行ってきた。Mの運用をメッセンジャーに拡大したことで、同社の人口知能を用いた構想はさらに広がったことになる。

しかし、以前、Facebookでドイツ人の知人にドイツ語で、テキストメッセージApp「メッセンジャー」でメールしたら、勝手のウムラウトやエスツェットに自動変換し、面白いので試していたら、勝手に綴りを変更し、内容が変わってしまったことがある。

なぜそうなったかといえば、私がドイツ語と英語を織り交ぜたDenglisch(デングリッシュ)で書いたからだろうと想像した。
なんと不器用な!

アメリカ人に、Denglischやスパングリッシュは理解できないかもしれない。
オランダ語も---例えば、英語の「with」は、ドイツ語の「mit」で、オランダ語では「met」に成るが、シェークスピアの中世英語では「met」で、単語の綴りも多くが違う。
こんなことは、アメリカ人には---ところが中学生時代に、テキサスのおばあちゃんと文通していたとき、何度も頭を抱えたことを思い出す。
そのおばあちゃんは、「mazer」という。
冷静になって、これは「mother」だと気がついたことがあり、ドイツ語系の人のようだった。

2014-04-04---Facebookのニューフェース認識は、あなたを識別ができます。
2013-12-09---フェイスブックが人工知能研究所で、ニューヨーク大学と提携。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告