on-the-time.jp

2017年04月06日

Facebook、AIアシスタント「M」の提供開始!

言語未来教育調査モバイル・マネー

AFPは2017年04月07日に、ソーシャルメディアのFacebookは2017年04月06日に、AI(Artificial intelligence/人工知能)技術を応用したパーソナルアシスタント「M」のサービス提供を開始した。

「M」は、テキストメッセージApp「メッセンジャー(Messenger)」内で使用でき、Appを開くとチャット画面にMが現れて「有益な行動」を提案してくれる。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

競合するGoogle、Amazon.com、Microsoft、アップルに続いてFacebookもパーソナル・アシスタントの分野に本格参入した。

韓国サムスン電子(Samsung Electronics)も最新のスマートフォン機種にパーソナル・アシスタント機能を搭載している。

Facebookクのプロダクトマネジャーであるローラン・ランドフスキ(Laurent Landowski)トケメル・エル・モージャヒッド(Kemal El Moujahid)らがブログで説明したところによると、人工知能を用いた「M」は「会話を管理したり、物事を処理したりするのに役立つ行動を提案する」という。

ユーザーは「M」を使って、友人への送金や位置情報の共有、配車の手配などが簡単にできるようになる。

独自の人口知能研究施設を持つFacebookは、2015年に「M」を発表し、実証実験を行ってきた。Mの運用をメッセンジャーに拡大したことで、同社の人口知能を用いた構想はさらに広がったことになる。

しかし、以前、Facebookでドイツ人の知人にドイツ語で、テキストメッセージApp「メッセンジャー」でメールしたら、勝手のウムラウトやエスツェットに自動変換し、面白いので試していたら、勝手に綴りを変更し、内容が変わってしまったことがある。

なぜそうなったかといえば、私がドイツ語と英語を織り交ぜたDenglisch(デングリッシュ)で書いたからだろうと想像した。
なんと不器用な!

アメリカ人に、Denglischやスパングリッシュは理解できないかもしれない。
オランダ語も---例えば、英語の「with」は、ドイツ語の「mit」で、オランダ語では「met」に成るが、シェークスピアの中世英語では「met」で、単語の綴りも多くが違う。
こんなことは、アメリカ人には---ところが中学生時代に、テキサスのおばあちゃんと文通していたとき、何度も頭を抱えたことを思い出す。
そのおばあちゃんは、「mazer」という。
冷静になって、これは「mother」だと気がついたことがあり、ドイツ語系の人のようだった。

2014-04-04---Facebookのニューフェース認識は、あなたを識別ができます。
2013-12-09---フェイスブックが人工知能研究所で、ニューヨーク大学と提携。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。