2017年03月21日

11インチの雄牛のツノが闘牛士の肛門のあたりに刺さった!

スポーツ

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、衝撃的な映像は闘牛士が雄牛によって襲われるのを見る。

そして、彼の後部の肛門のあたりにツノが刺さることてによって終わった。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

メキシコシティ(Mexico City)で月曜日にアントニオ・ロメロ(Antonio Romero)は、勝負の間に猛烈な雄牛によって恐ろしく襲われた。

闘牛士は、彼の肛門に約11インチ上の雄牛のツノが刺さることによって終わり、「厳しい」損傷をした。

彼が、ムレタ(muleta)と呼ばれる赤い布切れで動物を先導するように胃を撹拌するクリップは一見したところコントロールしているロメロを示した。

しかし、彼が、雄牛に彼のまわりを支点に回転させようとすると、何かが悪くなる。
怒った雄牛は、彼でアームに辺りに当たり、彼をがバランスを失って叩き落とされることによって上昇した。

ロメロ失敗は、雄牛の必殺のツノを避ける努力でバックすると、動物はその無力な目標において中にムレタを振り捨てる。
その風景は、その反響防止スクリーンで、雄牛はそのひどい復讐を始めた。

雄牛は彼を情け容赦なく攻撃し、そのツノを振り回して、競技場を横切って彼を包む。他の闘牛士がそれらの同僚の救助に来て、動物を散らす時には、ゴーリングは終わるだけである。

ロメロは、伝えられるところでは、彼の肛門のエリアに恐ろしい損傷で、至急の治療のための病院に急送された。彼がもう退院したかどうかは知られていない。

今年早くスペインのサラマンカ(Salamanca, Spain)で男が、雄牛に攻撃された後に、同様な出来事の映像が広く共有された。

恐ろしいビデオは、人が刺されるのを見せて、雄牛のカーニバルの間に縫いぐるみの人形のようにまわりに投げ上げられた。

肛門に雄牛のツノが刺さる事故は多いようである。
その後、どうなるのか?わからない。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト