2017年03月24日

オーストラリア西部で、恐竜21種の足跡発見!

超過去

AFPは2017年03月27日に、オーストラリアの研究者らは2017年03月27日に、オーストラリア西部の海岸地帯で異なる21種の恐竜の足跡が発見されたと発表した。研究者らはこの発見について「前代未聞」の規模であるとし、映画『ジュラシック・パーク(Jurassic Park)』の世界さながらだと評している。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

オーストラリアのクイーンズランド大学(University of Queensland)とジェームズ・クック大学(James Cook University)の古生物学者らは、ウエスタンオーストラリア(Western Australia)州キンバリー(Kimberley)にある1億4000万年ほど前の地層で発掘調査を実施していた。この種の発見としては一度に最も多くの種類の足跡が見つかった例だとしている。

米国のSVP(Society of Vertebrate Paleontology古脊椎動物学会)の学会誌に発表された論文の主執筆者であるスティーブ・サリスベリー(Steve Salisbury)は、発見された足跡について「世界でも類を見ない」と語り、「豪西部において非鳥類型恐竜が存在していたことを示す証拠としては最重要のもの」と位置づけた。

The Dinosaurian Ichnofauna of the Lower Cretaceous (Valanginian–Barremian) Broome Sandstone of the Walmadany Area (James Price Point), Dampier Peninsula, Western Australia
Steven W. Salisbury,
Anthony Romilio,
Matthew C. Herne,
Ryan T. Tucker &
Jay P. Nair

Journal Of Vertebrate PaleontologyPublished Online: 24 Mar 2017

その上で、同地域は「雄大な自然を誇るオーストラリアのジュラシック・パークともいえる、大変魅惑的な地帯だ」と述べた。

スティーブ・サリスベリーはさらに、「足跡はステゴサウルスのものと確認されたもの以外にも、記録があるなかで最大級の大きさのものある」と明らかにした。

足跡が見つかった地域は、ウエスタンオーストラリア州政府が2008年に液化天然ガスの生産地域として指定し、開発の手が加えられるところだった。

しかし、この地域を伝統的に管理・保護してきたオーストラリアの先住民アボリジニのグーララブールー(Goolaraboolo)の人々がスティーブ・サリスベリーに掛け合い、正式な調査が実施されることになった。

調査チームは恐竜の足跡が見つかった地域での調査と記録に400時間以上を費やしたと伝えている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。