on-the-time.jp

2017年03月14日

インドで発見の藻類化石は、世界最古の多細胞植物か?

超過去自然

AFPは2017年03月15日に、インドで見つかった16億年前の化石2個に紅藻類が含まれているとする研究論文が、2017年03月14日に発表されたと報告した。
これらは地球上で発見された最古の植物状生命体の可能性があるという。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

米国のオンライン科学誌プロス・バイオロジー(PLoS Biology)に掲載された研究論文によると、これまで知られている中で最古とされていた紅藻は、12億年前のものだったという。

Three-dimensional preservation of cellular and subcellular structures suggests 1.6 billion-year-old crown-group red algae
Stefan Bengtson,
Therese Sallstedt,
Veneta Belivanova,
Martin Whitehouse
Research Article | published 14 Mar 2017 PLOS Biology
http://dx.doi.org/10.1371/journal.pbio.2000735

複雑な生命体が地球上に現れた時期をめぐり意見が割れることは少なくないが、約6億年前に大型の多細胞生物が広く分布するようになったという点で、専門家の見方はおおむね一致する。

論文の主執筆者で、スウェーデン自然史博物館(Swedish Museum of Natural History)のステファン・ベングトソン(Stefan Bengtson)名誉教授(古動物学)は、「従来考えられていたよりはるかに早い時期に『肉眼で見える生命体の時代』が始まったと思われる」と述べ、今回の発見が系統樹の書き換えにつながる可能性があることを指摘した。

分析対象となるDNAは、化石内に残っていない。だが、16億年前のインドのリン灰岩内部にある「ストロマトライト」と呼ばれる単細胞の藍藻(シアノバクテリア)類の化石層に、紅藻と構造的によく似た物質が埋め込まれていた。

「DNAが残存していないため、これほど古代の物質に関して100%の確信が持てるわけではないが、その特徴は、紅藻の形態と構造に極めてよく合致する」と、ベングトソン名誉教授は説明している。

論文によると、研究チームはシンクロトロンX線断層撮影法などの最先端の分析機器を用いることで、各細胞に繰り返しみられる微小板構造を観察できたという。これらは植物細胞内の細胞小器官で、光合成を行う葉緑体の一部分だと、研究チームは考えている。

また、各細胞壁の中心部に特徴的な構造を持つことが明確に確認できるが、これは紅藻に特有の性質とされている。

今回の化石は、インド中部チトラクート(Chitrakoot)にある堆積岩層で発見された。

地球上に単細胞の生物が生息していたことを示す最古の痕跡は、約35億年前にさかのぼる。

そういえば、岐阜県赤坂金生山で、約2億5000万年前の地層から見つかるウミユリの化石もこれに似ている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告