on-the-time.jp

2017年03月14日

Asia Week New York 2017

アート

ArtDaily、アジア・ウィーク・ニューヨーク2017(Asia Week New York 2017)で、エリックトムセンギャラリー(Erik Thomsen Gallery)は、日本の3つの展覧会の一つとして、戦後日本の書道(Post-War Japanese Calligraphy)、アバンギャルドな書道家を紹介している。

井上有一の作品を海上雅臣が、精力的に世界に広めた。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

書道家の井上有一(Yuichi Inoue/1916-1985)の1977年の作品「圓(Cycle/Eternity)」和紙に墨、144x189cmを紹介した。

私は、ドイツにいた時に、このようなものを見せられて、なんて書いてあるのか聞かれ、読めなくてなんども困ったことがある。

ドイツ人から、お前は日本人なのに日本語が読めないのかと言われる。

もっと困ったのが、日本人のリストをアルファベットにする時、日本語は、読み方が人によって違う!

ドイツ人にしたら、お前は日本人なのに日本人の名前も読めないのかと言われる。

さらに、俳句を訳してくれと言われると、完全にお手上げである。

そうだ、私はバカだということになる。

ところで、日本人以外は、どう捉えているのだろう。

それもアートである。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。