2017年03月10日

法政大学、全学生、全職員など、4万3000人分の情報流出。

犯罪と裁判

毎日新聞、日本経済新聞 電子版は、法政大学は全ての学生や教職員ら計約4万3000人分の氏名、メールアドレス、職員番号、学生証番号や所属、パスワードなどの個人情報が不正アクセスで漏洩したと発表した。

住所や生年月日、成績などは含まれていない。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

法政大学は、度重なる不正アクセスの結果、一部の学生の住所や生年月日、成績などの情報が外部から閲覧されていた可能性もあるとしているが、これまでに情報の悪用などは報告されていないという。

法政大学は2017年03月07日以降、学生らにパスワードの変更を求めるなどしている。

今年1月に不正アクセスが疑われる事案が発生し、学内で調査したところ、昨年12月8日にサーバーからの情報流出があったことが確認されたという。

さらに、2017年01月10日と2月7日にも、取得した情報を元に学内ネットワークに不正アクセスしたとみられる形跡があり、学内で調査を進めていた。

法政大学は、当該のサーバーと学内ネットワークを切り離すなど、被害の拡大防止策を講じ、警視庁にも相談した。

「関係者に心配、迷惑をかけおわびする。再発防止に努める」とのコメントを出した。

全学生、全職員は、情報のバリアを脱がされ、裸で歩くことになった。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト