2017年03月21日

全国初、都営で燃料電池バス営業運行。

自然未来

毎日新聞は2017年03月06日に、東京都が水素で走る燃料電池バス2台を2017年03月21日から都営バス路線に導入することになり、運行開始に先立って2017年03月06日に、小池百合子知事が試乗したと報告した。

都によると、実験用ではなく、メーカーが開発した市販の燃料電池バスが営業運行をするのは全国で初めてということになる。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

2台はトヨタ自動車が開発した。
2017年03月21日から東京ビッグサイト(江東区)と東京駅を結ぶ約8.4km区間で運行する。
東京都は東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年までに、民間も含めて都内で100台以上の導入を目指している。

燃料電池バスは水素と酸素を化学反応させて発電し、走行する仕組み。
二酸化炭素を排出しないのが特長である。

一番大きな問題は、静かであり、バスが近づいても気がつかないことである。
できれば、自動車の音が欲しい。

東京都交通局は2017年2月24日に、「都営バスで燃料電池バスによる運行を開始!〜市販車による営業運行は日本初〜」を公開し、交通局では、このたび、トヨタ自動車株式会社が開発・市販化した燃料電池バス2両を導入する運びとなり、下記のとおり、平成29年3月21日(火)から、市販車では日本で初めて、路線バスとして営業運行することと致しましたので、お知らせします。
交通局は、これまで、平成15年や27年の実証実験などで、燃料電池バスの市場投入に向けた技術開発などに協力してまいりました。今後も、燃料電池バスの導入を順次拡大するなど、水素社会の実現に向け貢献してまいります。


1.営業運行開始日
平成29年3月21日(火)

2.運行開始路線
都05系統 東京駅丸の内南口〜東京ビッグサイト

主要諸元
車両/全長/全幅/全高---10,555/2,490/3,340mm
乗車定員(座席+立席+乗務員)---77人(26+50+1)
FCスタック(燃料電池)/最高出力---114kW×2(155PS×2)
モーター/最高出力---113kW×2(154PS×2)
最大トルク---335N・m×2(34.2kgf・m×2)
高圧水素タンク/公称使用圧力---70MPa(約700気圧)
タンク内容積---600L
電源供給能力/最高出力---9kW
供給電力量---235kWh

東京都長期ビジョン」事業
本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。

都市戦略7/「豊かな環境や充実したインフラを次世代に引き継ぐ都市の実現」
政策指針20/「スマートエネルギー都市の創造」

【お問い合わせ先】
都営交通お客様センター:03-3816-5700(9時から20時まで 年中無休)

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具ので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。