on-the-time.jp

2017年03月02日

ケナガマンモス、遺伝子の「破綻」で絶滅か?

自然超過去

AFPは2017年03月03日に、数千年前に絶滅しているケナガマンモス(woolly mammoth)の絶滅に至る過程において、その生存能力を阻害する遺伝子変異が、減少する個体数の群れの中で次々と発生していたとする研究論文が2017年03月02日に、発表されたと報告した。

かつては北米やロシア・シベリア(Siberia)に最も多く生息していた草食動物の一種だったケナガマンモスは、狩猟による影響の増大や気候温暖化などの脅威にさらされ、3700年前に地球上から姿を消した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

米国のカリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)の研究チームは今回、これまでに見つかった中で最後期のケナガマンモスと判明している個体の一つからゲノム(全遺伝情報)を採取し、これを分析した。

この4300年前の標本は、シベリア北部沿岸沖のウランゲル島(Wrangel Island)で発見された。

大陸で約1万年前にマンモスが絶滅した後も、ウランゲル島には約300頭が生息していたと考えられている。

研究チームは、この標本の遺伝子を、それよりはるかに古い約4万5000年前の個体のものと比較した。
この古い個体は、その数がはるかに多く、健全な個体群に属していた。

比較分析の結果、島のマンモスは、大陸のマンモスに比べて、はるかに多くの有害な変異を持っていたことが分かった。大陸では、繁殖相手が豊富で多様性に富んでおり、個体群ははるかに健全な状態だった。

研究チームが発見した、悪影響を及ぼす遺伝子変異の中には、消化器官の問題を引き起こしたと考えられるものも含まれていた。

この他、マンモスの体を覆っていた体毛を、特有のゴワゴワした硬い毛から、よりなめらかで光沢のあるものに変えた可能性のある変異もあった。この変化によって、寒冷気温に対する耐性が低下したことが考えられるという。

米オンライン科学誌「プロス・ジェネティクス(PLoS Genetics)」に掲載された研究論文によると、「島のマンモスは、においや尿タンパク質を感知する嗅覚受容体を多く失っていた。これは、個体の社会的地位や繁殖相手の選択に影響を及ぼす可能性がある」という。島のマンモスに起きたこのプロセスについて論文は「個体群の有効サイズ低下により生じたゲノムの破綻」と説明している。

Excess of genomic defects in a woolly mammoth on Wrangel island
Rebekah L. Rogers ,
Montgomery Slatkin
Published: March 2, 2017
http://dx.doi.org/10.1371/journal.pgen.1006601

今回の研究結果は「個体群の規模が小さく、現在絶滅の危機にある生物種を保護するための継続的な取り組みに対する警告」になると論文は指摘している。

「個体群の規模が小さいことによる脅威」に直面している種としては、チーター、マウンテンゴリラ、パンダなどが挙げられる。こうした脅威によって、種自らの生存を脅かす遺伝子変異を克服することが、困難から不可能になる恐れもある。

今回の研究論文は、「そのため、このような破綻の影響をうけたゲノムには、個体群の回復を妨げる継続的な余波が表れることも考えられる。」と述べている。

これは、正しい考えだと言える。
なぜこれまで、このような研究がなかったかといえば、その技術の問題だけだろう。

シベリア北部沿岸沖のウランゲル島(Wrangel Island)の緯度、経度
71°14'00.0"N 179°25'00.0"W
71.233333, -179.416667

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告