gaYa広告

2017年03月03日

VWの排ガス規制逃れで、ヨーロッパで1200人の早死にもたらす可能性。

犯罪と裁判

AFPは、売り上げが順調なドイツ自動車大手VW(VolksWagen/フォルクスワーゲン)による排ガス規制逃れが健康に与える影響を調べた結果、2008~2015年にドイツ国内で販売された自動車260万台が引き起こす汚染により、ヨーロッパで1200人が早死にする可能性があるとする研究が、2017年03月03日付の英学術誌「エンバイロメンタル・リサーチ・レターズ(Environmental Research Letters)」に掲載された。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

LETTER • OPEN ACCESS
Public health impacts of excess NOx emissions from Volkswagen diesel passenger vehicles in Germany
Guillaume P Chossière1,
Robert Malina1,2,
Akshay Ashok1,
Irene C Dedoussi1,
Sebastian D Eastham3,
Raymond L Speth1 and
Steven R H Barrett1,4
Published 3 March 2017 • © 2017 IOP Publishing Ltd
Environmental Research Letters, Volume 12, Number 3

調査に参加した米国のMIT(Massachusetts Institute of Technology/マサチューセッツ工科大学)によると、規制逃れによって発生する超過分の排ガスによって10年ほど命が短くなる人が出る可能性があり、研究者の推計によるとヨーロッパで1200人が早死にするという。

また調査結果によると、死者1200人のうち推計500人がドイツ国内で、また残りはポーランド、フランス、チェコといった近隣諸国で早死にすることになるという。

同じ研究チームは以前、米国で販売されたVWの自動車48万2000台による規制を超過した排ガスで、米国人60人が早死にするとの調査結果を発表していた。

VWは排ガス検査に不正合格するためのソフトウエアを、約1100万台のディーゼル車に搭載していたことを2015年に認めた。

論文の執筆者らによると、もしVWがドイツ国内で販売された規制逃れの車すべてを、今年末までにリコールもしくは新部品の追加で対応することができれば、「2600人のさらなる早死にと、それに付随する41億ユーロ(約5000億円)の医療コストを回避しうる」という。

これは確か、BMWにも当てはまった。

また、中国やインドの空気汚染は、さらに凄い数字だろう。
その汚れた殺人空気が日本にも来ている。

また、このような計算は、東京電力福島原発事故による死者の予測も必要である。

具体的に、何人死ぬかは、現在の科学を使えば予測できる。それに付随する医療コストも計算できる。
いくらの被害か!

2017-02-24---ドイツのVW、2016年は黒字に転換。最終利益、不正発覚前の半分。
2016-03-28---世界のすべての国の主要な輸出を示す地図。
2015-11-04---未来は、ここにある。
2015-10-07---VWは会長としてハンス・ディーター・ペティシュを任命。
2015-09-22---VW排出ガス・スキャンダルの反応。
2015-09-18---ドイツのVW、排ガス規制回避するソフト搭載?
2015-04-29---会長が辞任した後、フォルクスワーゲンで何が起こったか?
2015-03-15---中国国営TV、外資系自動車企業を全面攻撃。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告