gaYa広告

2017年02月22日

「鉄腕アトム」が、本当のロボットになる日。

未来

日本経済新聞 電子版は、部品を組み立てれば、鉄腕アトムが誕生――。
講談社やNTTドコモなどは2017年02月22日に、家庭用ロボット「鉄腕アトム」をつくれる「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」を創刊すると発表した。

AI(artificial intelligence/人工知能)を搭載し、顔を認識して家族ごとに話す内容を変えたり、ラジオ体操を踊ったりすることができる。毎週送られてくる部品を組み立てれば2018年9月に「鉄腕アトム」が、本当に完成する?

私も「鉄腕アトム懐中電灯」を一つ持っている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

「手塚治虫(Osamu Tezuka/1928 - 1989が生み出した鉄腕アトムは1963年に日本初のテレビアニメになったが、いよいよ本当のロボットになる。」

手塚治虫の長男で、手塚プロダクション取締役の手塚眞は東京都内で2017年02月22日に開催した発表会でこう述べた。

部品を組み立てて作るアトムは身長が44cmと、漫画の想定の約3分の1のサイズ。重さも約1.4kgで、簡単に抱きかかえることができる。

おもちゃのようにかわいらしい外見と違い、AIやカメラを内蔵し、「賢い」のが特徴。

家族の顔を認識し、誕生日には名前を呼んでバースデーソングを歌ってくれる。NTTドコモが開発した「自然対話プラットフォーム」の技術を導入し、言葉の意図や目的をアトムが解釈するという。会話から「この人は花が好き」といった知識を増やし、興味がありそうな話題を口にするなど「アトムと会話を重ねるほど親密度が高まる。」と、NTTドコモの吉沢和弘社長はという。

自宅の無線LAN(構内情報通信網)でインターネットにつなげると、さらに賢くなる仕組み。近所のスーパーや家電量販店の特売情報を教えてくれたり、最寄りのイベント情報を教えてくれたりするようになるという。

「鉄腕アトムを作ろう!」は2017年04月04日に創刊する。
モーターや基板、カメラなどの部品を70号に分けて配送し、自宅で説明書を読みながらドライバー1本だけで組み立てることができる。
創刊号の価格(税別)は830円だが、70号すべてを購読すると合計18万4474円かかる。

アトムに内蔵する基板はパソコンメーカーのVAIO(長野県安曇野市)が製造を担う。高齢者など自分で組み立てるのが難しい消費者の代わりにアトムを組み立てるサービスも提供する。介護用ロボット「PALRO」を製造する富士ソフトも「介護ロボットで培った技術やノウハウを鉄腕アトムにつぎ込んだ。」と、富士ソフトの坂下智保社長は話していると伝えている。

アトムは1952年、講談社グループの光文社で当時発行していたコミック誌で生まれた。
講談社の野間省伸社長は「世界に類を見ないユニークなロボット。家族の一員にしてもらえれば」と期待する。

1989-02-09---手塚治虫が死去した。
1963-01-01---フジテレビで手塚治虫の「鉄腕アトム」開始。
1926-11-03---手塚治虫が生まれた。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。