2017年02月17日

NASA科学者が、メキシコ鉱山で6万年前の生きた微生物を発見。

超過去宇宙

AFPは2017年02月21日に、NASA科学者が最長6万年にわたりセレナイト(selenite)の結晶内部に閉じ込められていた、生きた微生物をメキシコの鉱山で発見したと報告した。

NASAの宇宙生物学研究所(Astrobiology Institute)のペネロープ・ボストン(Penelope Boston)が2017年02月17日に、米国のボストン(Boston)で開催のAAAS(American Association for the Advancement of Science/米国科学振興協会)の2017 AAAS Annual Meeting会合で行った研究発表によると、この奇妙な古代微生物は、亜硫酸塩、マンガン、酸化銅などを摂取して生きられるように進化したと考えられるという。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

微生物は、メキシコ北部チワワ(Chihuahua)州にあるナイカ(Naica)鉱山で発見された。同鉱山では現在も、鉛、亜鉛、銀などの採掘が行われている。ナイカ鉱山は、巨大な結晶の産地としても知られ、中には全長15mのものも見つかっている。

研究内容は、査読学術誌にはまだ未発表だが、今回の発見でペネロープ・ボストンは、太陽系内の地球以外の惑星や衛星の超過酷な環境でも微生物が生存していた可能性があると考えるに至った。

ペネロープ・ボストンによると、ナイカ鉱山の結晶内に1万年〜6万年の間、閉じ込められていた微生物(大半が細菌)が、これまでに約100種類発見されており、そのうちの9割は、これまでに一度も観察されたことがないものだという。

今回の超耐性微生物の発見は、研究者らにとっては思いがけない収穫となったが、太陽系内の宇宙探査ミッションで収集したサンプルを地球に持ち帰ることを検討している宇宙生物学者らにとっては、悩みの種となる。

極めて過酷な条件下で、これらの微生物が生き延びてきたという事実は、帰還する宇宙船に危険な地球外生命体が偶然付着して地球に到達することが起こり得る可能性を浮き彫りにしている。

こうした懸念は新しいものではない。1960年代から70年代にかけて行われたNASAの有人月探査ミッション「アポロ(Apollo)計画」では、月から帰還する宇宙飛行士らに対して検疫が実施された。

また、この結果は、人間もある特殊な環境のカプセルと使うと、ほぼ永遠に生きることができ、現在では不可能な太陽系内の地球以外の惑星や衛星の超過酷な環境でも、生存して行けるようになるかもしれない。

メキシコ北部チワワ(Chihuahua)州にあるナイカ(Naica)鉱山の緯度、経度
27°51'03.0"N 105°29'47.0"W
または、
27.850833, -105.496389

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。