gaYa広告

2017年02月18日

自動車メーカー各社は、未来の車をゼロから問う。

未来

これまでの自動車メーカーとは違う業界からの参入が盛んになり、従来の自動車メーカーが悩み始めている。

朝日新聞デジタルは、「未来の車、ゼロから問う 自動車各社、人材集め研究 AIなど技術革新に危機感」を公開し、未来の社会でも車は必要とされるのか?から追い直す必要はでてきている。

自動車メーカーが、ビジネスのあり方を根っこから問い直すための研究拠点を相次いで新設している。
車づくりでもAI(artificial intelligence人工知能)などIT(information technology/情報技術)の比重が増し、従来の発想にとらわれていては取り残されかねないとの危機感が背景にあると伝えている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

ホンダは2017年02月下旬、自動運転やAIを生かしたライドシェア(ridesharing/ridesourcing/乗り合い)などのサービスを模索する「ホンダイノベーションラボTokyo(Honda R&D Innovation Lab Tokyo)」を開く。海外も含めて社外からAIの専門家を招いたり、ベンチャー企業や大学と連携したりして、AIを活用した車の研究を進める。

すぐ近くには、ホンダが2050年ごろまでの暮らしのありようや「欲望」の行方を探ろうと7年前につくった「THINK(シンク)研究室」がある。世界金融危機などを経て、目先の商品開発だけでは大きな潮目を読み誤るとの危機意識があった。

研究員は二輪、四輪、汎用(はんよう)機など各部門からの約10人で、インド出身者もいる。
世界の成長市場で今後も物欲が車に向かうのか、AIが世話を焼く未来は心地いいのか。
将来の消費者の欲望を予測し、連携するイノベーションラボでの開発に生かしてもらう。
「技術が複雑になるほど人の心の研究が大切」と中西賢司主任研究員は話していると紹介した。

近年は車の電動化や自動運転の技術革新が進み、米国のGoogleなどのIT企業との競争が激化。自動車メーカーにも多様な人材を集め、既成概念を破ることが求められるようになった。

こうした取り組みではトヨタ自動車が先行する。ものごとの「根本」について考え、「100年先の研究」をする名古屋市の「コンポン研究所()Genesis Research Institute, Inc.)」を1996年06月11日につくった。生態系の保全や再生可能エネルギー、産業廃棄物のリサイクルなど研究対象は幅広い。

AIの分野では2016年01月に、研究子会社を米シリコンバレーに設立。ロボットや基礎研究にも研究対象を広げ、各社がしのぎを削る自動運転技術だけに焦点を絞らないのが特徴になっている。

日産自動車も今年に入り、NASA(National Aeronautics and Space Administration/アメリカ航空宇宙局)の技術を生かし、従来は車メーカーが及び腰だった「無人運転」の実現を目指すことを発表した。

ただし、そのようなことは、すでに10年以上前から挑んできたが、すべて失敗してきている。

そこに新しく加わったのは人工知能と、高速無線通信機能、記憶容量の天文学的増量。
そして、何を捨て、何を拾うか?

Googleが新しいといって、彼らの挑戦は、株価操作のための宣伝用で、挑戦したものは、ほとんど失敗している。
地に足が付いていない。
あまりにもお粗末である。
あれだけ騒いだ「Google Glass」は、生産中止になた。

昔から、感じていたことは、アメリカという国は、未完成品をもっともらしく売る名人だが、使う方は大変であるということである。

コンピュータは、完成しないまま70年が過ぎた。

ほとんどが、麻薬中毒患者のたわごとである。
問題は、ときどき的をいることである。

それに、振り回されている。

2010-03-16---Appleがウェアラブルのグルを雇った!
2009-04-15---最新の「ウェアラブルコンピュータ」は「Sixth Sense(第六感)」。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告